平成30年4月より


 

平成30年4月1日 日曜日 

 

復活祭、おめでとう!

ケヴィンと行った礼拝の後、どうしようもないベルのコンサートで昼食会までの時間待ち。どうしてこのおばあさんは、指揮をしながら自分が歌ったり、喋ったりするワケ。うるさくて、楽器の音が全然聞こえない。指揮やらないで欲しい。やるなら、黙って。もっとすごいことは、おしゃべりばあさんに何も注意しない教会のみなさんの優しさ。私は、部外者だから、何も言わないけれど。

復活祭のお料理、作って下さった方達に感謝。鮒の甘露煮って、すごく久しぶりに食べた。骨まで柔らかく煮てあって、美味しかった。あまりにたくさん食べたので、今夜の11時だけど、全然お腹が空いてない。これからちょっくら外回り。


平成30年4月2日 月曜日 

 

本番までの間に高橋さんの新しい美容院の予約取れるかな。

あ、でも、3月末日まで千駄ヶ谷で働いて、翌日から新しいところなんてワケないかな。電話:090-9633-9291

ものすごく忙しい1日だった。カルロスは、大活躍してくれた。こういう日に限ってマティアスが、休みなものだから、カルロスはかわいそうなくらい、よくやってくれていた。加賀町は今日振り込んでおいた。そうしたら、雅子さんが、5月に金沢来ませんかって。でも5月は上海重慶があるから、お互いに6月の第一週目の日曜の本番過ぎてからにしましょうということになった。金沢、楽しみ。加賀町がより身近になる。お殿様みたいな家があるけど、それってもしかしたら。だって、加賀公園のすぐ先のところにあるわけだし。門構えが、武家屋敷そのもの。


平成30年4月3日 火曜日 

 

結局、高橋さんの新しい美容院は、来週でないとオープンしないということが判明し、7日の本番前にはやはり、昔のテールに行くことにした。先月も高橋さんじゃなかったのだけれど、まあ、仕方ない。5月に旅行する前に早めに予約しておいてから行こう。

さて、新見附、逓信病院、靖国神社の裏から英国大使館の前を通って、半蔵門に出る方法が、もしかしたら、一番、近道なのかなと思うようになった今日この頃。四谷見附を通過しなくてもいいのだと思う。新見附の発見は、実は、アルゼンチンの双子。

銀座博品館に、楽屋見舞いだけ届ける。澤井ひでくんも本当に偉くなったものだ。大工さんのお嬢さんの玉川大学卒業の後村さんが活躍というのも、世の中が狭すぎる。そもそも、お風呂屋さんブティックの斎藤さんのご紹介。それも、お風呂屋さんへ行ったからお知り合いになった。お鍋や、シーサーも手に入ったし。素敵! フランス領レユニオンの人とお近づきになったのは、本当に貴重な体験。モーリシャス航空というのがあるのですって。



平成30年4月4日 水曜日

結局、元々の千駄ヶ谷の美容院へ行って、この4月から入ったという女性にやってもらった。ものすごくマッサージが上手でびっくり。「これ別料金でやってもいいですね」と言ってしまった。高橋さんは、男性スタッフを一人連れて独立したようだ。

「人間はみんなお金が必要なのです。
幸せの99%はお金で買えます。
お金が必要ではないふりをしている人は、
正直ではありません。
あ、おりこうさんの猫がいるから、猫アレルギーではない人がいいけれど。
今、冬毛が抜ける時。ますます可愛いくなりました。雨天決行」というメールを川端さんに送った。11日には本当に雨天になるみたい。



平成30年4月5日 木曜日

 

朝5時に電話をかけてきた人がいたので起こされた。出なかったけれど。で、電話の電源を切った。うるさい。朝風呂はこれから欠かせない季節。朝の庭で色々な発見をする。植えた覚えのない子達が、緑の小さな顔を覗かせて挨拶してくれる。どんな子に育つのやら。エンゼルトランペットが心配なので、ピーマンさんに連絡しよう。

サバの味噌煮の朝ごはん。

アガペーミッションの早坂先生の個人カウンセリングを受けた。かれこれ二時間も話ししこんでしまった。

結局、3日間セミナー、申し込んだことになる。

たまたま道玄坂にいたので、まゆみさんの病院に寄った。言っていることがふわふわ。昼寝の時間だったからかも。

一時間夕方寝たので、晩御飯を食べ忘れた。


平成30年4月6日 金曜日

 

4/3にも公開した庭の桜だけど、今日が満開。

あの日はまだいくらか、蕾が残っていた。

いいなあ、世間が桜が終わって、残念がっているのに、私は、ここのところ、毎日庭の桜でお花見気分。

普通の桜と比べて、ちょっと遅く咲くぶん、花がしっかりしているし、簡単に散らないし、色も少々濃い。

なんか、人間と同じなんだわ。

明日の本番の場所、新宿スポーツセンターではなくて、新宿コズミックセンターだと今朝わかった。この二軒は、建物が違うとのこと。

え、それは初耳。どうりでおかしいと思った。前から不審に思っていたけれど、今まで何度も踊ったり、選挙の開票作業をした場所は、なんだったのだろうか。

歯医者の予約をなんと明日の朝入れてあるのを発見。早速来週にしてもらう。どうして、こんなにスケジュール管理ができないのだろう。会社員として雇われていたら、3日でクビになるタイプ。自営業でよかった。自分で自分をクビにできないし。そのうちまたヨーロッパ行かないと。ドイツで行ってないところ多いし。


平成30年4月7日 土曜日カルロスと新宿コスミックセンターに行く。あれは、新宿スポーツセンターとは違うとのことだけど、選挙の開票所はどう考えても、体育館だと思っていたら、確かにコスミックセンターの中と開票所の中が同じ景色なので、今更唖然としてしまった。体育館とは一体何だったのだろう。

私がお店で何か買ったり、血圧を測ったり、ネイルをしている間、カルロスさんは、黙々と、着物のほつれをお裁縫して直したり、シワにアイロンをかけていた。いやあ、真面目な人なのだと思う。それはこの3ヶ月半でよくわかった。私は幸せ者だと思う。

今回のインドは、全曲やるからと意気込んでいたのに、装飾品を忘れた。地下のどこかに入っているはず。ああ、どうしてそういうものを持って行かなかったのだろう。前回は衣装、今回は装飾品。マダムに本当に失礼になってしまう。あんなに一生懸命に作って下さったのに。ごめんなさい。

あれ、今日も晩御飯、食べ忘れた。今、夜中の1時半。明日食べればいい。

 花がさくでもない、葉っぱばっかりどんどん増えるこの植物の正体は何だろう。ミツコさんが、目黒雅叙園の百弾階段のご招待券を下さった。嬉しい。行きたい。


平成30年4月8日 日曜日

 

「ものを誰かにあげると、自分の分も増える」
「正確な情報を知るためには、たくさんの人に聞いてはいけない」
「もらいっぱなしにすると、すべてなくなってゆく。等価交換だ」

 

今朝、泉さんの秘書がやっているプロダクトローンチのビデオを見たけれど、なんでこのルックスでハリウッドなのという感じの田舎の男の子だった。結局298000円を集金して、しかもわずか6ヶ月しかサポートしないfx。そんなのやらない方がいい。6ヶ月なんかすぐ経ってしまうから。

教会の後、トマスとマティアスに着物1枚づつ買ってもらった。持ち物処理した方がいい。赤い百合が咲くはず。


平成30年4月9日 月曜日

 

朝、歯医者。二本ジルコニアを入れたから20万円。前の先生だったら、細いのを3本入れて30万円だっただろう。今やってよかった。

帰りに花屋さんで、カランコエ、トマト、シャクナゲ買って、植えた。もうダメかなと思っていたら、クンシランがちゃんと蕾をつけてくれている。これは古いから、四ツ谷のおばあちゃま経由で、まゆみさんから私に渡ってきているので、すでに30年くらい経っているはず。先月と比べて若干余裕を感じるのは、クレジットカードの引き落とし金額が2月の120万とか3月の60万とかではなくて、30万円だから。

 


平成30年4月10日 月曜日

 

よかった、神様と皆様のお陰様でアメックスとビザが払えた。あと6日で出発だから、それまでにいろいろ終わらせないと。

久しぶりに東急ハンズの中をブラブラしたら、楽しそうなものが随分ある。ふうばに桜の木の盆栽を上げることにした。でも、それって、苗じゃなくて、種だから、桜ってタネから育てられるのかなあ。タネって、もしかして、さくらんぼのタネのことかしら。きびだんごさんにも猫のファイルを送ろう。

マティアスが、きゅうりのためのネットを張ってくれた。これはすごい。バラの新しい芽が出てきてる。これは、一昨年、オカマ先生たちと行った深大寺植物園で買った。あそこはすごい。バラは冬の寒さでも枯れない。


平成30年4月11日 火曜日

 

1ウド
2ヤマノイモ
3セリ
4フキ
5ミツバ
6ミョウガ
7ワサビ
ゴボウアザミ、ハマボウフウ、タデ、ヒシ、ツルナ、ジュンサイ、アサツキ、サンショウ、ユリ、クロクワイ、カンゾウ、クコ、オニバス、また、マッシュルーム以外のキノコ類は日本原産の食用栽培植物だそうだけれど、こういうものを縄文人は食べていたはず。聞いたことも見たこともないというのは、東日本人としてはまずいこと。かつて秋田に行った時にジュンサイを食べたが、これは明らかに怪しいと思った。あまりの美味しさにその後何度も瓶入りのものを買って食べたけれど、こいうものを意識的にどんどん消費しないと、生産されなくなってしまう。

ところで今日はやけに慌ただしかった。4部屋掃除しないといけなかったし、最後の部屋は夜中になってしまった。田舎の景色に見えるけれど、ここの埴輪の庭。


平成30年4月12日 水曜日

 

いやあ、うるさいんだわ、アルゼンチンの女の子。あんな地声あるかな。『雨に歌えば』に出て来たなあ、地声が最悪な人。同じスペイン語でも、カタルーニャのモデルは地声が綺麗だったから、スペイン語って綺麗だなと思った。でも文句言わない。戻って来てくれただけで、感謝しないといけない。

ところでバルトレミートいう名前のフランス人だけど、ヒゲのなんとかという合成名だと思う。いささか時代がかった名前なのかも。親がバカだと、子供の名前も短くつけるから、この人の家の親は、伝統を重んじるまともな教育を受けて来た人なのだろう。


平成30年4月13日 金曜日

 

今日でカルロスさん、終わり。1月5日からよく3ヶ月半頑張ってくれた。

この人がいたから進んだプロジェクトがたくさんあった。

1番重要なことは、生まれてからここ数年前までの全ての写真と新聞雑誌記事のスキャン。

私が生きた証拠のほとんど全てを記録に残す協力をしてくれた。短期の人には頼めないこと。

この人だから頼めたこと。

1日5時間やれば、寝るところとご飯がもらえるみたいな考えの人には頼めない。カルロスさんと信頼関係を気づけたことを嬉しく思う。

 


平成30年4月14日 土曜日

 

夜中の2時に起きて、お風呂に入り、仕事をして、6時に寝て、8時に起きた。こうすると、頭がスッキリする。

四ツ谷にいた頃は、夜中でも大きな音でyoutubeかけたりしていたけれど、市ヶ谷に来てからは、よその音が思い切り聞こえる。ということは、ここの音もよそに漏れるということだろうから、夜の音には注意している。

四ツ谷では、上の階に人が住んでいなかったから、真夜中に洗濯するのも自由だったけれど、ここに来てからは、洗濯は明るい時間帯にするようになった。あの扉邪魔くさ。構造的に考えて、ロールスクリーンで十分役目を果たせる。扉をつけるとその半径が死ぬ。シャクヤク綺麗。私は大きな花が好き。

 


平成30年4月15日 日曜日

 

明日はいよいよ出発だから、早く休みたいのだけれど、結局、ヤニスのせいで遅くなってしまった。いるんだ、こういう人って。

アフリカ系フランス人で、ラテンダンスのインストラクター。ドレッドのロング毛は、無造作に束ねて、金髪に染めている。

ソウルで開かれたラテンダンス大会に出場するために、フランスからチームを連れて来たとのこと。

思うに、ジャズダンスから、ヒップホップになって、その後、ラテンになっている。ヒップホップは服装がアレなものだから、セクシーにはならないから、センシュアルなラテン・ダンスに流行が移るのは、当然の成り行きかも。


平成30年4月16日 月曜日

 

いよいよ水上温泉に出発。池袋っていうところは、ったくもう。

水上温泉のちょっと先にある湯ビソという場所だった。もしかして、あの時のラフティング屋の場所の前。世の中狭い。当時泊まったホテルは、水上温泉を通った時に確認できなかった。

いやあ、垢が出てびっくり。着いてお風呂。ご飯。

食べ放題だから、もう、食べられないほど。ピンポン、これがまた楽しかった。そのあと、またお風呂。

読書して寝たけど、部屋の壁に染み込んだタバコの臭いでむせたので、窓を開けたまま寝た。


平成30年4月17日 火曜日

 

朝起きてまたお風呂。食べてまた寝て。お散歩ちょっと。

しだれ桜がまだ咲いていなくて、つぼみがぎっしり。

誰も見る人がいなくてもひっそり山で咲くなんて。なんという健気な姿。応援したいお店があった。もっといろいろ買えばよかった。

これではお店としてやっていかれない。

右へ歩いても、足湯はやっていなかったし。一応そういうのは、やらないとね。だって、それしか観光の目玉がないのだから。

帰ったらもう疲れて、晩御飯を食べないで寝てしまった。


平成30年4月18日 水曜日 雨降り

 

お洗濯は困るけれど、雨が降るから植物が育つ。

隣のお庭は、見違えるほど素敵になった。冬枯ていた時には、なんだこれはと思ったけれど、今では、庭中に水仙、バカに背の高いツツジ、これまたよく育った紫陽花があるから、いい感じ。

私は涙ながらに手放したフジを再生したいと思う。

エンゼルトランペットがこんなにも霜に弱いとは。迂闊だった。1鉢くらい中で育てればよかったのかも。

ベランダに温室を設置するという手もある。コデマリが咲いている。


平成30年4月19日 木曜日

 

ついにいろいろ払えたのは、昨日臨時収入があったから。ありがたいことです。リーさんに感謝。

たくさん食料を仕入れて、エビ入りサラダを作る。

夜は、カルロスさんがイチゴを持ってピンクのシャツとジャケットで登場。

なんだかとても懐かしい。

いいズボンを履いているから、猫を膝に載せられない。猫が甘えて来てしまう。

夜、なぜか蜂が一匹、部屋の中から出られなくなっていたから、指先で羽根をつまんで、庭に出した。蜂は夜でも飛べるとは、びっくり。


平成30年4月20日 金曜日 初夏のような気温

 

マティアスは今日まで。ドミニクがビザの都合で遅くなっているから、伸ばしてくれた。ありがたい。明日からは、トマスだけになるけれど、大丈夫かな、あの人。カルロスさんや、アルゼンチンの双子みたいな気が効く人はとても少ないと思う。

庭の笹の黄色い葉をハサミで切った。栄養が足りにのだろうか。たけのこ出てきているから、竹酢をやらないと。ジャスミンは、花を咲かせ始めている。ツルは、まだあまり伸びていない。

今日は、執筆したかったのに、雑事が実に多く、結局、晩御飯を食べる暇もなく、今、気づいたら10時半になっていた。


平成30年4月21日 土曜日 初夏のような気温

 

みんなが来て、ルーテルと板橋宿のためのリハーサル。

こうやって、自分たちで積極的にやるのは本当に良いことだと思う。

さて、そらちゃんが今日から本格的にお稽古開始。この子は、自分が得意なことだけをしていれば、下手には見えない。すごく良く見える。すごいと「思う。早い動きには、そういうトリックがある。だからルイジが、本当の名作と呼ばれるものは、スローな曲で作られた踊りですと言っていたのがわかる気がする。早いとごまかせる。

自分は、『エポールマン』のようなスローがちゃんと踊れる人になりたいと改めて思った。マンジットさんが夜中に地下にいるのは変な感じだけど、本人が混乱して日付を間違えたのだから仕方ない。私なんかしょっちゅう日付間違えるし。今年最後の桜。

平成30年4月22日 日曜日 初夏のような気温

 

朝起きたら、メキシコ絨毯の上に、猫さん達からの贈り物が。

干からびたカエル。20センチもある。ありがたく頂戴いたします。

見ないふりして、トーマスが来るまで無視。堆肥に入れると臭うからと、トーマスが破棄。思うに、海外からお手伝いさん来てくれる前の2年4か月前までは、カエルの死骸なんかも自分で処理しないといけなかったのだから、ありがたいことだ。

だから、ちょっとくらいのことは、我慢しないと。

だけど、何度言ってもりんごの皮を剥かないでそのまま私に出すどんかんさにはまいる。そういう粗雑な調理ダメなのよ。そらちゃん親子は、新宿のビジネスホテルに泊まったとのことで、今朝からまたレッスン。いやあ、この子は、上手くなる。ただし、まだ表情が硬いから、そこが。表現力や表情は神様からの贈り物だから、踊りできない人でも持ってる人多い。私の周りだと、クリストバルとかカルロスや、モーリッツとか。夕方6時半まで昼寝したから、頭が冴えてる。そのためにまゆみさんの病院には行きそびれたけど。


平成30年4月23日 月曜日 初夏のような気温

 

日時が変わったところで、ピンクの藤の苗を注文してしまった。土も一緒に。

市谷台町にいたあの藤は、かわいそうなことをした。根っこがあんなになってしまったとは。でも、排水管を詰まらせたなんて、信じられない。やはり、マンションのべらんでは無理。ここで藤棚を作れば、陽をさえぎることができる。4本の柱を立てないと。そのためには、日々、レイアウトを変える必要がある。まずは、現在の板を切って広くするとか。