平成30年4月より


 

平成30年4月1日 日曜日 

 

復活祭、おめでとう!

ケヴィンと行った礼拝の後、どうしようもないベルのコンサートで昼食会までの時間待ち。どうしてこのおばあさんは、指揮をしながら自分が歌ったり、喋ったりするワケ。うるさくて、楽器の音が全然聞こえない。指揮やらないで欲しい。やるなら、黙って。もっとすごいことは、おしゃべりばあさんに何も注意しない教会のみなさんの優しさ。私は、部外者だから、何も言わないけれど。

復活祭のお料理、作って下さった方達に感謝。鮒の甘露煮って、すごく久しぶりに食べた。骨まで柔らかく煮てあって、美味しかった。あまりにたくさん食べたので、今夜の11時だけど、全然お腹が空いてない。これからちょっくら外回り。


平成30年4月2日 月曜日 

 

本番までの間に高橋さんの新しい美容院の予約取れるかな。

あ、でも、3月末日まで千駄ヶ谷で働いて、翌日から新しいところなんてワケないかな。電話:090-9633-9291

ものすごく忙しい1日だった。カルロスは、大活躍してくれた。こういう日に限ってマティアスが、休みなものだから、カルロスはかわいそうなくらい、よくやってくれていた。加賀町は今日振り込んでおいた。そうしたら、雅子さんが、5月に金沢来ませんかって。でも5月は上海重慶があるから、お互いに6月の第一週目の日曜の本番過ぎてからにしましょうということになった。金沢、楽しみ。加賀町がより身近になる。お殿様みたいな家があるけど、それってもしかしたら。だって、加賀公園のすぐ先のところにあるわけだし。門構えが、武家屋敷そのもの。


平成30年4月3日 火曜日 

 

結局、高橋さんの新しい美容院は、来週でないとオープンしないということが判明し、7日の本番前にはやはり、昔のテールに行くことにした。先月も高橋さんじゃなかったのだけれど、まあ、仕方ない。5月に旅行する前に早めに予約しておいてから行こう。

さて、新見附、逓信病院、靖国神社の裏から英国大使館の前を通って、半蔵門に出る方法が、もしかしたら、一番、近道なのかなと思うようになった今日この頃。四谷見附を通過しなくてもいいのだと思う。新見附の発見は、実は、アルゼンチンの双子。

銀座博品館に、楽屋見舞いだけ届ける。澤井ひでくんも本当に偉くなったものだ。大工さんのお嬢さんの玉川大学卒業の後村さんが活躍というのも、世の中が狭すぎる。そもそも、お風呂屋さんブティックの斎藤さんのご紹介。それも、お風呂屋さんへ行ったからお知り合いになった。お鍋や、シーサーも手に入ったし。素敵! フランス領レユニオンの人とお近づきになったのは、本当に貴重な体験。モーリシャス航空というのがあるのですって。



平成30年4月4日 水曜日

結局、元々の千駄ヶ谷の美容院へ行って、この4月から入ったという女性にやってもらった。ものすごくマッサージが上手でびっくり。「これ別料金でやってもいいですね」と言ってしまった。高橋さんは、男性スタッフを一人連れて独立したようだ。

「人間はみんなお金が必要なのです。
幸せの99%はお金で買えます。
お金が必要ではないふりをしている人は、
正直ではありません。
あ、おりこうさんの猫がいるから、猫アレルギーではない人がいいけれど。
今、冬毛が抜ける時。ますます可愛いくなりました。雨天決行」というメールを川端さんに送った。11日には本当に雨天になるみたい。



平成30年4月5日 木曜日

 

朝5時に電話をかけてきた人がいたので起こされた。出なかったけれど。で、電話の電源を切った。うるさい。朝風呂はこれから欠かせない季節。朝の庭で色々な発見をする。植えた覚えのない子達が、緑の小さな顔を覗かせて挨拶してくれる。どんな子に育つのやら。エンゼルトランペットが心配なので、ピーマンさんに連絡しよう。

サバの味噌煮の朝ごはん。

アガペーミッションの早坂先生の個人カウンセリングを受けた。かれこれ二時間も話ししこんでしまった。

結局、3日間セミナー、申し込んだことになる。

たまたま道玄坂にいたので、まゆみさんの病院に寄った。言っていることがふわふわ。昼寝の時間だったからかも。

一時間夕方寝たので、晩御飯を食べ忘れた。


平成30年4月6日 金曜日

 

4/3にも公開した庭の桜だけど、今日が満開。

あの日はまだいくらか、蕾が残っていた。

いいなあ、世間が桜が終わって、残念がっているのに、私は、ここのところ、毎日庭の桜でお花見気分。

普通の桜と比べて、ちょっと遅く咲くぶん、花がしっかりしているし、簡単に散らないし、色も少々濃い。

なんか、人間と同じなんだわ。

明日の本番の場所、新宿スポーツセンターではなくて、新宿コズミックセンターだと今朝わかった。この二軒は、建物が違うとのこと。

え、それは初耳。どうりでおかしいと思った。前から不審に思っていたけれど、今まで何度も踊ったり、選挙の開票作業をした場所は、なんだったのだろうか。

歯医者の予約をなんと明日の朝入れてあるのを発見。早速来週にしてもらう。どうして、こんなにスケジュール管理ができないのだろう。会社員として雇われていたら、3日でクビになるタイプ。自営業でよかった。自分で自分をクビにできないし。そのうちまたヨーロッパ行かないと。ドイツで行ってないところ多いし。


平成30年4月7日 土曜日カルロスと新宿コスミックセンターに行く。あれは、新宿スポーツセンターとは違うとのことだけど、選挙の開票所はどう考えても、体育館だと思っていたら、確かにコスミックセンターの中と開票所の中が同じ景色なので、今更唖然としてしまった。体育館とは一体何だったのだろう。

私がお店で何か買ったり、血圧を測ったり、ネイルをしている間、カルロスさんは、黙々と、着物のほつれをお裁縫して直したり、シワにアイロンをかけていた。いやあ、真面目な人なのだと思う。それはこの3ヶ月半でよくわかった。私は幸せ者だと思う。

今回のインドは、全曲やるからと意気込んでいたのに、装飾品を忘れた。地下のどこかに入っているはず。ああ、どうしてそういうものを持って行かなかったのだろう。前回は衣装、今回は装飾品。マダムに本当に失礼になってしまう。あんなに一生懸命に作って下さったのに。ごめんなさい。

あれ、今日も晩御飯、食べ忘れた。今、夜中の1時半。明日食べればいい。

 花がさくでもない、葉っぱばっかりどんどん増えるこの植物の正体は何だろう。ミツコさんが、目黒雅叙園の百弾階段のご招待券を下さった。嬉しい。行きたい。


平成30年4月8日 日曜日

 

「ものを誰かにあげると、自分の分も増える」
「正確な情報を知るためには、たくさんの人に聞いてはいけない」
「もらいっぱなしにすると、すべてなくなってゆく。等価交換だ」

 

今朝、泉さんの秘書がやっているプロダクトローンチのビデオを見たけれど、なんでこのルックスでハリウッドなのという感じの田舎の男の子だった。結局298000円を集金して、しかもわずか6ヶ月しかサポートしないfx。そんなのやらない方がいい。6ヶ月なんかすぐ経ってしまうから。

教会の後、トマスとマティアスに着物1枚づつ買ってもらった。持ち物処理した方がいい。赤い百合が咲くはず。


平成30年4月9日 月曜日

 

朝、歯医者。二本ジルコニアを入れたから20万円。前の先生だったら、細いのを3本入れて30万円だっただろう。今やってよかった。

帰りに花屋さんで、カランコエ、トマト、シャクナゲ買って、植えた。もうダメかなと思っていたら、クンシランがちゃんと蕾をつけてくれている。これは古いから、四ツ谷のおばあちゃま経由で、まゆみさんから私に渡ってきているので、すでに30年くらい経っているはず。先月と比べて若干余裕を感じるのは、クレジットカードの引き落とし金額が2月の120万とか3月の60万とかではなくて、30万円だから。

 


平成30年4月10日 月曜日

 

よかった、神様と皆様のお陰様でアメックスとビザが払えた。あと6日で出発だから、それまでにいろいろ終わらせないと。

久しぶりに東急ハンズの中をブラブラしたら、楽しそうなものが随分ある。ふうばに桜の木の盆栽を上げることにした。でも、それって、苗じゃなくて、種だから、桜ってタネから育てられるのかなあ。タネって、もしかして、さくらんぼのタネのことかしら。きびだんごさんにも猫のファイルを送ろう。

マティアスが、きゅうりのためのネットを張ってくれた。これはすごい。バラの新しい芽が出てきてる。これは、一昨年、オカマ先生たちと行った深大寺植物園で買った。あそこはすごい。バラは冬の寒さでも枯れない。


平成30年4月11日 火曜日

 

1ウド
2ヤマノイモ
3セリ
4フキ
5ミツバ
6ミョウガ
7ワサビ
ゴボウアザミ、ハマボウフウ、タデ、ヒシ、ツルナ、ジュンサイ、アサツキ、サンショウ、ユリ、クロクワイ、カンゾウ、クコ、オニバス、また、マッシュルーム以外のキノコ類は日本原産の食用栽培植物だそうだけれど、こういうものを縄文人は食べていたはず。聞いたことも見たこともないというのは、東日本人としてはまずいこと。かつて秋田に行った時にジュンサイを食べたが、これは明らかに怪しいと思った。あまりの美味しさにその後何度も瓶入りのものを買って食べたけれど、こいうものを意識的にどんどん消費しないと、生産されなくなってしまう。

ところで今日はやけに慌ただしかった。4部屋掃除しないといけなかったし、最後の部屋は夜中になってしまった。田舎の景色に見えるけれど、ここの埴輪の庭。


平成30年4月12日 水曜日

 

いやあ、うるさいんだわ、アルゼンチンの女の子。あんな地声あるかな。『雨に歌えば』に出て来たなあ、地声が最悪な人。同じスペイン語でも、カタルーニャのモデルは地声が綺麗だったから、スペイン語って綺麗だなと思った。でも文句言わない。戻って来てくれただけで、感謝しないといけない。

ところでバルトレミートいう名前のフランス人だけど、ヒゲのなんとかという合成名だと思う。いささか時代がかった名前なのかも。親がバカだと、子供の名前も短くつけるから、この人の家の親は、伝統を重んじるまともな教育を受けて来た人なのだろう。


平成30年4月13日 金曜日

 

今日でカルロスさん、終わり。1月5日からよく3ヶ月半頑張ってくれた。

この人がいたから進んだプロジェクトがたくさんあった。

1番重要なことは、生まれてからここ数年前までの全ての写真と新聞雑誌記事のスキャン。

私が生きた証拠のほとんど全てを記録に残す協力をしてくれた。短期の人には頼めないこと。

この人だから頼めたこと。

1日5時間やれば、寝るところとご飯がもらえるみたいな考えの人には頼めない。カルロスさんと信頼関係を気づけたことを嬉しく思う。

 


平成30年4月14日 土曜日

 

夜中の2時に起きて、お風呂に入り、仕事をして、6時に寝て、8時に起きた。こうすると、頭がスッキリする。

四ツ谷にいた頃は、夜中でも大きな音でyoutubeかけたりしていたけれど、市ヶ谷に来てからは、よその音が思い切り聞こえる。ということは、ここの音もよそに漏れるということだろうから、夜の音には注意している。

四ツ谷では、上の階に人が住んでいなかったから、真夜中に洗濯するのも自由だったけれど、ここに来てからは、洗濯は明るい時間帯にするようになった。あの扉邪魔くさ。構造的に考えて、ロールスクリーンで十分役目を果たせる。扉をつけるとその半径が死ぬ。シャクヤク綺麗。私は大きな花が好き。

 


平成30年4月15日 日曜日

 

明日はいよいよ出発だから、早く休みたいのだけれど、結局、ヤニスのせいで遅くなってしまった。いるんだ、こういう人って。

アフリカ系フランス人で、ラテンダンスのインストラクター。ドレッドのロング毛は、無造作に束ねて、金髪に染めている。

ソウルで開かれたラテンダンス大会に出場するために、フランスからチームを連れて来たとのこと。

思うに、ジャズダンスから、ヒップホップになって、その後、ラテンになっている。ヒップホップは服装がアレなものだから、セクシーにはならないから、センシュアルなラテン・ダンスに流行が移るのは、当然の成り行きかも。


平成30年4月16日 月曜日

 

いよいよ水上温泉に出発。池袋っていうところは、ったくもう。

水上温泉のちょっと先にある湯ビソという場所だった。もしかして、あの時のラフティング屋の場所の前。世の中狭い。当時泊まったホテルは、水上温泉を通った時に確認できなかった。

いやあ、垢が出てびっくり。着いてお風呂。ご飯。

食べ放題だから、もう、食べられないほど。ピンポン、これがまた楽しかった。そのあと、またお風呂。

読書して寝たけど、部屋の壁に染み込んだタバコの臭いでむせたので、窓を開けたまま寝た。


平成30年4月17日 火曜日

 

朝起きてまたお風呂。食べてまた寝て。お散歩ちょっと。

しだれ桜がまだ咲いていなくて、つぼみがぎっしり。

誰も見る人がいなくてもひっそり山で咲くなんて。なんという健気な姿。応援したいお店があった。もっといろいろ買えばよかった。

これではお店としてやっていかれない。

右へ歩いても、足湯はやっていなかったし。一応そういうのは、やらないとね。だって、それしか観光の目玉がないのだから。

帰ったらもう疲れて、晩御飯を食べないで寝てしまった。


平成30年4月18日 水曜日 雨降り

 

お洗濯は困るけれど、雨が降るから植物が育つ。

隣のお庭は、見違えるほど素敵になった。冬枯ていた時には、なんだこれはと思ったけれど、今では、庭中に水仙、バカに背の高いツツジ、これまたよく育った紫陽花があるから、いい感じ。

私は涙ながらに手放したフジを再生したいと思う。

エンゼルトランペットがこんなにも霜に弱いとは。迂闊だった。1鉢くらい中で育てればよかったのかも。

ベランダに温室を設置するという手もある。コデマリが咲いている。


平成30年4月19日 木曜日

 

ついにいろいろ払えたのは、昨日臨時収入があったから。ありがたいことです。リーさんに感謝。

たくさん食料を仕入れて、エビ入りサラダを作る。

夜は、カルロスさんがイチゴを持ってピンクのシャツとジャケットで登場。

なんだかとても懐かしい。

いいズボンを履いているから、猫を膝に載せられない。猫が甘えて来てしまう。

夜、なぜか蜂が一匹、部屋の中から出られなくなっていたから、指先で羽根をつまんで、庭に出した。蜂は夜でも飛べるとは、びっくり。


平成30年4月20日 金曜日 初夏のような気温

 

マティアスは今日まで。ドミニクがビザの都合で遅くなっているから、伸ばしてくれた。ありがたい。明日からは、トマスだけになるけれど、大丈夫かな、あの人。カルロスさんや、アルゼンチンの双子みたいな気が効く人はとても少ないと思う。

庭の笹の黄色い葉をハサミで切った。栄養が足りにのだろうか。たけのこ出てきているから、竹酢をやらないと。ジャスミンは、花を咲かせ始めている。ツルは、まだあまり伸びていない。

今日は、執筆したかったのに、雑事が実に多く、結局、晩御飯を食べる暇もなく、今、気づいたら10時半になっていた。


平成30年4月21日 土曜日 初夏のような気温

 

みんなが来て、ルーテルと板橋宿のためのリハーサル。

こうやって、自分たちで積極的にやるのは本当に良いことだと思う。

さて、そらちゃんが今日から本格的にお稽古開始。この子は、自分が得意なことだけをしていれば、下手には見えない。すごく良く見える。すごいと「思う。早い動きには、そういうトリックがある。だからルイジが、本当の名作と呼ばれるものは、スローな曲で作られた踊りですと言っていたのがわかる気がする。早いとごまかせる。

自分は、『エポールマン』のようなスローがちゃんと踊れる人になりたいと改めて思った。マンジットさんが夜中に地下にいるのは変な感じだけど、本人が混乱して日付を間違えたのだから仕方ない。私なんかしょっちゅう日付間違えるし。今年最後の桜。

平成30年4月22日 日曜日 初夏のような気温

 

朝起きたら、メキシコ絨毯の上に、猫さん達からの贈り物が。

干からびたカエル。20センチもある。ありがたく頂戴いたします。

見ないふりして、トーマスが来るまで無視。堆肥に入れると臭うからと、トーマスが破棄。思うに、海外からお手伝いさん来てくれる前の2年4か月前までは、カエルの死骸なんかも自分で処理しないといけなかったのだから、ありがたいことだ。

だから、ちょっとくらいのことは、我慢しないと。

だけど、何度言ってもりんごの皮を剥かないでそのまま私に出すどんかんさにはまいる。そういう粗雑な調理ダメなのよ。そらちゃん親子は、新宿のビジネスホテルに泊まったとのことで、今朝からまたレッスン。いやあ、この子は、上手くなる。ただし、まだ表情が硬いから、そこが。表現力や表情は神様からの贈り物だから、踊りできない人でも持ってる人多い。私の周りだと、クリストバルとかカルロスや、モーリッツとか。夕方6時半まで昼寝したから、頭が冴えてる。そのためにまゆみさんの病院には行きそびれたけど。


平成30年4月23日 月曜日 初夏のような気温

 

日時が変わったところで、ピンクの藤の苗を注文してしまった。土も一緒に。

市谷台町にいたあの藤は、かわいそうなことをした。根っこがあんなになってしまったとは。でも、排水管を詰まらせたなんて、信じられない。やはり、マンションのべらんでは無理。ここで藤棚を作れば、陽をさえぎることができる。4本の柱を立てないと。そのためには、日々、レイアウトを変える必要がある。まずは、現在の板を切って広くするとか。

 


平成30年4月24日 火曜日 昼から雨降り

 

 

左の下の歯が痛くて仕方ないため、午後歯医者へ。だから、ここのところの恒例のシエスタができなかった。

社団法人全国樺太連盟のHPに投稿したようだ。6年前だけど。

「 樺太の思い出を大切にしたい人の心のふるさとだから。 樺太で活躍した画家船崎光治郎は、樺太民政署出版から『図解樺太の高山植物』を出版している。 当時の樺太で船崎光治郎は、自分が絵を画くところを公開して、大勢の観衆の前で作品を仕上げていくというパフォーマンス的な製作をしていたと聞く。 それは豊原より少し北にあったとのこと。具体的にはなんというところだったのだろう。 当時小学校1年生だった人から聞き出すのだからそれは大変。 船崎光治郎のお蔭で、樺太や千島の植物が木版画となって残されている」

そのうち行かないと、樺太へ。トマトがまだ緑。


平成30年4月25日 水曜日 朝雨。昼から晴れ

 

朝、4時に起きて1日を開始。朝ご飯ご2時間寝たから、頭が冴えている。坂本まりのドリームオーシャンに加入した。30万円を24回払い。一昨年何度かそんなことをして大失敗したから、昨年はそういう大それたことはしないで、大人しく引越しをしたけれど、今日、初めてやってしまった。よかったのだろうか。本当はダニエルダンの方に入りたかったけれど、これで同じ日に二つ入るのはちょっとね。

藤の鉢植えと土が届いた。明日、植えるの楽しみ。

ところで単身爬虫類人間と闘っている宇宙への旅立ち」のブログをやっているのは、女性のようだけれど、消されてしまったのだろうか。


平成30年4月26日 木曜日 

 

昨日雨の中とどいた藤を植えるため、板を切ってもらおう。地面の部分を広くしないと。だって、藤棚を作る予定があるから。

で、結局お昼ご飯にピーマンさんがいらして下さって、棉の苗を3本下さった。大切に育てないと。

そうか、藤は、右側に植えてはいけないみたい。左側ですって。日陰をつくるからだそうだけど、私は、日陰を作ろうかなと思っていた。作物が育たなくなるから、やはり日陰は良くない。

ところで、スロバキアのトマスがとんでもないことをしてくれたから、とばっちりにを受けたドミニクが1日目から警察から職質されてしまった。


平成30年4月27日 金曜日 

 

昨日雨の中とどいた藤を植えるため、板を切ってもらう。地面の部分を広くしないと。だって、藤棚を作る予定があるから。

双子なのに、ブリュンヒルデちゃんは、カール大帝よりふた回りくらい小さい。来た時から、5百グラム少なかったけど、去勢手術の頃は、差が1キロになって、今はもっと体重の差が開いているかも。まさえさんが、スミレの苗や、板を下さった。さて、何に使わせていただこうか。

『コスタリカの奇跡』の映画、素晴らしい!日本とそして全世界が目指すべき姿がコスタリカにある。

ナタリアさんって、素晴らしい国から来てたんだ。


平成30年4月28日 土曜日 初夏の陽気

 

「リベラルはイスラム教徒を受け入れることでキリスト教国家としてのアメリカを破壊しようとしています。
したがって、昨年のアメリカ大統領選挙は終盤戦において、完全にキリスト教徒と反キリスト教徒の戦いになっていました。無神論者の多い選挙区であっても、キリスト教徒たちが祈祷集会でトランプを支援していたのが印象的でした。反トランプの運動をしていた勢力が反キリスト教徒」というダイレクト出版からのメルマガ読んで、あ、そういうことだったのかと納得。名前はよほど通名でも使わない限り、民族的背景がすぐバレる。 

もしかしたら、以前のジャスミンが芽を出してくれている。様子を見よう。根は、少なく見積もっても4年越しだから強いはず。お菊さんの隣に鎮座している。


平成30年4月29日 日曜日 

 

このお菊さんは、日比谷公園で開催されていた東京菊花展で買った苗。多分、すでに5年は経過しているはず。何しろ、東京地裁の帰りに寄って買ったのだから。

朝教会。午後から空ちゃんのお稽古。

終わってから、ついにまゆみさんの病院へ。もう6時頃になってしまったので、食後だし、疲れているようだった。プリンを全部食べられなかった。母の日の贈り物は、帰国してから渡せばいい。他の人たちには、明日郵便で送ろう。やることが多い。

 


平成30年4月30日 月曜日 

 

蜂が一匹盛んにバラの蕾の周りを飛んでいる。早く、蕾を開けと言っているのだろう。男の言いそうなことだこと。バラは、無視している。ご立派。蜂の誘いに乗ってはいけない。

朝から忙しかった割には、ドミニクは洗濯物一つ干していない。

ただしこの人は、可愛い性格なので、全然憎めない。

ドミニクはまだ新米だから、やることが雑で、要領を得ない。そう考えると、アルゼンチンは本当にプロだ。生命維持と引き換えに真剣に仕事に徹していたのだと想像する。

お庭にキュウリをもう一つ足した。クレマチスも植えたけれど、どうなるだろう。夜2時間だけ寝て、夜中の1時からずっと起きている。


平成30年5月1日 火曜日 

 

エケヴェリアのまあ、なんて可愛いこと。この子は、市ヶ谷へ引っ越して来て、初めての蕾。大京町のベランダに置いていたら、一度ひどい状態になってしまったので、うちに避難させた。植物は生き物だから、決して、別のところへ置いてはいけない。全て私の管理下で、保護しないと。

今、朝の5時だけど、まだ起きている。これから寝る。

 

 


平成30年5月2日 水曜日 

 

新装開店した高橋さんのお店に初めて行った。

空間が広々していて、きれい。シンプル。趣味がいい。

最初は新宿御苑前、それから、千駄ヶ谷。

十分に修行したから、店長さんになった。頻繁に行って、売り上げに貢献しないと。

雨が降って来たから、倉庫から扇風機を持って来られなかった。

あると違う、この時期。

ビッグカメラで、携帯充電器を買った。最近、充電しても1日と持たなくなったから、こういうのがないとダメかも。中の写真を減らさないと。


平成30年5月3日 木曜日 

 

園遊会での天皇陛下と羽生結弦さんのやりとりを見て、目頭が熱くなった。「怪我をして練習ができない期間でも、学ぶことがたくさんあったので、ある意味ではいいきっかけになったかなと思っています」

世界一を極めた人から出た、この謙虚な言葉。

しかもまだ20代。よくよく人間ができた人だと感動した。

慌てて荷造りをしている時、ふと、着物の風呂敷を開けたら、なんとインド衣装が入っていた。よかった、風呂敷を開けたのが今で。

ピンクの着物は、昨日、アニマル柄の伊太利屋スーツケースから発見して冷蔵庫の上に鎮座していた。

今日はこれから川端さんの『殺し屋と関節炎』を見に行く。

 


平成30年5月4日 金曜日 

 

いよいよ出発。成田へ。

ピンクの小ぶりのスーツケース買ってよかった。可愛い。

到着したら、もう夜で、空港から地下鉄。

驚くほど、人々が英語ができない。この国の教育、どうなってるんだろう。

大きな声や、甲高い声で、怒鳴りあっているように見える。

お行儀悪いから、ちょっとね。こういう国だと、私の神経は持たないかも。

ホテルの受付の人がガム噛んでるって、信じられない。お前は、クビだ。


平成30年5月5日 土曜日 

 

翌日は朝、美容院へ行こうとしたら、10時からしかやらないから、待てと自動翻訳機で答えられた。あのう、もう10時過ぎてるんですけれど。それを2軒やられたから、あ、こりゃダメだと思って、ホテルへ帰って、自分でやった。着物の着付け。お草履。1時にロビーへ行くと、アンドレのインド人家族が皆、ムガール帝国の王族のような正装をして待機。バスに乗って、上海郊外の5つ星ホテルへ向かう。

お料理がなんと美味しいこと。踊る前だから、あまり食べられないけれど。

円形の舞台で踊るのは、また違う感覚で、最高の瞬間。このためにここまで来た。

インドと日本がちゃんとした服で臨んでいるのに、チャイニーズやコリアンが普段着なのには、びっくり。

コリアンは、まあ、アンドレが嫁さんと知り合った農家だからともかくとしても、嫁さんの友人たち、みんな平服。なんだこれ。共産圏になると、こういう具合に、伝統や尊敬が失われてしまう。


平成30年5月6日 日曜日 

 

結局、見ようと思っていた歴史大スペクタクル舞踊ショーは、終了してしまっていたようだ。

まあ、いい。ユダヤ避難民博物館へ行った。オースオリアのアシュケナージの医者と上海が、深い関係があったとは。これは興味深い。

どこへ行くのも、タクシーを利用した。すごく安い。クレジットカード使えないから、現金で払うしかない。

 


平成30年5月7日 月曜日 

 

上海空港へ。そこまでは良かった。先日来た同じ路線を空港まで戻るだけだから。電車が安い。あの距離乗って、百円くらいってありえるだろうか。

午後、重慶へ着くはずだったのに、真夜中になってしまった。

してやられた、中国東方航空。二度ゲートを変更したら、もう、そこで乗るだろうなと当然思う。まさか3回変更するとは。いやあ、迂闊だった。相手は、問題の中国東方航空なのだから、どんなことだってあり得るという根本的なことを忘れた私が全面的に悪い。

天文学的確率で、天使が私の隣の座席に座っていて、しかも、父と同じ名前で、会社の運転手さんに、ホテルまでお送りいただいた。心から感謝している。多分、父が天から見ていて、ったくもう、言葉の通じないこの国で飛行機乗り遅れて、この子ときたら、目を離す暇もありゃしないと、わたるさんを隣に座らせて下さったのだ。

ホテルはすごいヒルトンの5つ星だった。だからドリームトリップが好き。

ま、歓迎ディナーをミスったけれど、明日のツアーに参加すればいいわけだし。

しかも私は、夜中について部屋がないので、特別豪華室をいただいて、一般客とは別の階だから、お姫様みたいだった。

そのようなわけで、重慶の1日目は無事終了した。


平成30年5月8日 火曜日 

 

朝、ドリーム・トリップのツアー参加者45名は2台のバスに別れて、一路豚燻製村に向かう。

隣に座った英語通訳の人は、地元重慶の人で、オーストラリアへ留学していただけあって、さすがに英語が上手い。このバスに乗っている人たちは、誰一人カタコトさえ英語が話せない。だから、翻訳機械を使って私に話しかけてくる。

奥深い山で生きていくためには、豚を燻製にして、特産物にしないとならないのだろう。

もち米を1キロ買ってしまった。重いけれど、まあ、持って帰ろう。

お昼ご飯は、お肉料理の食べ放題。動物のどの部分でも、構わず料理してしまっている感じ。もうダメというほど食べた。

普段の食生活で、お肉を食べつけていないので、胃にもたれる。モンゴル砦の山に登らされて、もう、疲れた。

まさか、夕食も、お肉料理のしゃぶしゃぶ食べ放題だとは、知らなかった。すごいメニュー。

しかも、そのあと、ナイトクルーズがある。日本のサイトで調べると、このクルーズだけで1万2千円取っているから、やはり個人で行くより、ツアーに参加するのはとても良い方法だと思う。

クルーズが終了したところで 雨を降らすとは、神様も心得ていらっしゃる。もう、クタクタ。


平成30年5月9日 水曜日 

 

重慶ツアーは、他のドリームトリップのツアーと全然違う。

昨日の13時間の内容を6時間半づつにして、2日に分けることだってできたのに、そうすると、通訳スタッフに2日分の日当を払わないといけないから、1日にぎゅうぎゅう詰めにしたのは、参加者のことを考えていない。ひたすら、チャイニーズの悪徳業者の都合。他のツアーだと送迎の日も、スタッフがつくから、スタッフは4日間ちゃんと雇われていて、支払われている。

ダメだ、チャイナは、そういう国際的な規約に違反している。

それで、タクシーを拾って、自分で博物館へ行った。すごい規模。1階は、党の方針なのだろう、カール・マルクス特集、その後、山峡ダム関係、歴史。

プールで泳いだ。水着はいつも持っている。ディナー、洗練されている。お腹いっぱい。


平成30年5月10日 木曜日

 

写真は、昨日見た劇場。ちゃんとしたところだった。 

朝食後、タクシーで空港へ。あの距離(1時間くらい)乗ったのに、82元。安い。中国東方航空は、出発が遅れた。嫌な予感がした。上海に到着したのが遅かったから、東京行きの乗り継ぎ便は、すでに出発していた。

あ、また中国東方航空、やってしまったわね。もう、絶対に乗らないと決心していたのに、乗った私がバカだっただけ。

待つこと数時間。その度に、乗り場が何度も変わって、その度に移動。最終的に羽田に着いたら、すでに夜中。

帰ったら、もっとびっくりするようなことが待っていたとは。

ともかく猫が全員生きていただけでも、それでいい。

フランス人49歳男性がなんとか到着して、掃除をしてくれた。

ところが、エディが問題を抱えていたとは。


平成30年5月11日 金曜日 

 

、。

 


平成30年5月12日 土曜日 

 

カルロスと目黒雅叙園の百段階段美術館へ。すごくよかった。ミツコさん、ありがとう。私も雅叙園の会員になろうかな。なる価値あり。食事が10%割引になるし。宿泊は、ここ一泊5万円だから、超豪華和風旅館。


平成30年5月12日 土曜日 

 

カルロスと目黒雅叙園の百段階段美術館へ。すごくよかった。ミツコさん、ありがとう。私も雅叙園の会員になろうかな。なる価値あり。食事が10%割引になるし。宿泊は、ここ一泊5万円だから、超豪華和風旅館。


平成30年5月17日 木曜日

 

「ソロ活動系男子」のことをソロダンと呼ぶのだそうだ。 

 

 


平成30年5月17日 木曜日

 

「ソロ活動系男子」のことをソロダンと呼ぶのだそうだ。この百合は、6月3日くらいに咲いた。なぜか、オレンジの百合のタネが土に落ちていたのか、これは、何本か育ったことは、ありがたい。白いユリは、残念ながら、見つからなかった。あれは、球根なのだろう。オレンジも球根なのだけど、小さなタネができて、それが具合良く生き延びた。きれいで、しかも生命力が強い。

埴輪の丘のところにも、咲きそうなのがあるから、楽しみ。

あの丘は、お宝の宝庫。 


平成30年5月17日 木曜日

 

「ソロ活動系男子」のことをソロダンと呼ぶのだそうだ。 

 

 


平成30年5月20日 日曜日

 

朝起きたら、カールちゃんが、ぴったり寄り添っておねんねしてくれている。

なんて、可愛い子。

教会の後、庭用のすのこを買いに行った。古いのを捨てて、これでお庭がちょっと洗練される。キュウリもできたし、トマトも色どういてきた。

神様からこういう贈り物をいただける幸せ。今までは、本物の土と繋がっていなかったけれど、今は、地球と繋がっている。これってすごいこと。

結局、1週間の休暇をもらったようなものだけど、楽しませてもらった。時間が自由に使えるって素晴らしい。

今日なんか、昼ごはんの後、昼寝させてもらった。お手伝いの人がいると、そうもいかない。だから、いつも疲れていた。さあ、明日からノルウェーが来るけれど、どうなることやら。

あ、ついに長い棒を買って来た。本当は、本物の竹がいいのに。ま、急ぐから、とりあえず明日作業しよう。


平成30年5月21日 月曜日

 


平成30年5月22日 火曜日

 

ミケルはものすごくよく仕事ができる。

早い。正確。期待以上の質を見せてくれる。

私は本当にラッキー。このような人に出会えたとは。

ところで、今日から来た、チャイニーズ系マレーシア人は、大丈夫かなあ、こういうタイプ。workawayとか向いてないんじゃないかな。

明日、東京簡易裁判所なのに、まだ準備書面作っていない。結局、描き始めたのは、夜中の12時になってから。明日は、早く行って、書記官に渡さないと。

またやってしまったというくらい、こういう事務系の行動は、苦手。


平成30年5月23日 水曜日 お昼頃から雨

 

朝は晴れていたのに。

でもこの雨でお庭がいい感じになった。紫陽花なんか喜んでいる。

もしかして、生き残りの西洋朝顔が一人いるみたい。

これは嬉しい。あの子たちが全員全滅するなんて、あり得ない。すごい生命力だから。ただし、あの切られ方は、いささか可愛そうだった。

お母さんのお庭で、土の中に半年埋まって時を待っていたのだろう。

思うに、いろんな子が待っていたのだと思う。

ブドウらしき子が、左の方から顔を出しているけれど、この子、ブドウなのだろうか。

真ん中あたりから、ブドウが顔を出してくれているから、これを棚に育てたい。キュウリ収穫して、食べた!

このハイビスカスが咲いたのは、6月の最初。冬に枯らせたくないから、鉢植えのまま土に埋めた。冬には、そのまま出して、室内に入れればいい。


平成30年5月24日 木曜日 朝から晴れ

 

お庭の板の壊れているのを捨ててもらって、やけにすっきりした。

ハイビスカスと、朝顔三つ、長い棒と園芸用網を買ったから、これで完璧。

戻ってきたのが夕方5時過ぎだったから、植えたりなんだかんだは、できなかったから、明日が楽しみ。

結局、トマトやきゅうりの苗は買えなかったから、明日、探しに行くしかない。

ピンクの朝顔、二つあるから、一つペーマンさんにあげようと思う。

ふうばがドクダミ送ってくれた。本当に素晴らしい人。

柵のところに、窮屈そうに咲いているのが、まさかの3年もののユリ。手前の方のは、空間はあるけれど、まだ1年目。花が一つだから。


平成30年5月25日 金曜日 

 

 コンポスト側のゼラニウムは、虫食いだらけになってしまったから、全面的に葉をとって捨てた。

やはり、葉が重なっているところが、虫食いになる。これは、実は、南榎木の家のの隣に住んでいた、結核みたいな咳をするおじいさんに教えてもらった。

あの家は小さかったけれど、そのうち、そのくらいのを一軒持ってもいい。なんかできるような気がしてきてしまった。


平成30年5月26日 金曜日 

 

 

 

 


平成30年5月27日 金曜日 

 

 


平成30年5月28日 金曜日 

 

 


平成30年5月29日 水曜日 

 

ライブクリエイトの3日間セミナー合宿に参加。一番乗りだ。

こういう連日ものは、初めて。

普段、このような業界のことを存じ上げないので、まあ、違う世界をのぞいてみるのもいいのかと思って、申し込んでしまったけれど、まさか、このようなことだとは、知らなかった。

facdbookではまず、いいねをする。なんだか、急にお友達が増えて来ている感じがする。

 


平成30年5月30日 木曜日 

 

昨日びっくりしたのは、隣に座っていた人が、まさかの、『ルイジのジャズダンステクニック』(主婦の友社)を読んでいた元スクールメイツのダンサーさんだった。郷ひろみのバックでどうたらこうたらと言っていたから、同じ業界の人だったのだ。あれあれ。

さて、セミナーなのだが、私は単発商売していないので、どれを商品にしたらいいかわからず、結局、内部被曝ネタにした。

それにしても、色々な人がいるものだけれど、なんだかんだみんな、自分でビジネスやってる人たち。ふーん、そういうことだったんだ。

 

 


平成30年5月31日 金曜日 

 

 セミナー3日目ともなると、さすがに疲れてくる。思うに、こんなに長くしなくても、もっと、無駄な時間を省いて凝縮できるのでは。預けていた3万円を返してくれるという。良心的だと思った。

ところで、全員帰ってしまい、私ともう一人だけ残って、二人だけで最後の1時間くらいの話を聞いた。すごいな、これは良心的、というか、まあ、営業なんだけど。私的には、全く時間の都合もつかないし、2日で数十万円というのもどうかなというところなんだけど。

この3日間やってみて、facebookは単なる日記とは違うというのがわかった。


平成30年6月1日 土曜日 

 

なんか久しぶりに来たナディアさんが、なんと、タイムステップのルーティーンとブレイクができるようになっていた。前回は、全くダメだったのに。ということは、この人、何度もやるとできるということ。

こちらが、忍耐力を持って接すれば、100回目にはできる。

ところで、今日は、ドタバタが起きたけれど、

 

 


平成30年6月2日 土曜日 

 

 


平成30年6月3日 日曜日 

 

朝、教会へ行き、今日は、ルーテルの本番。

みんな自主的によくやった。

ここは近くて、ルーテルの楽屋のように使ってしまったのだが、二曲目の衣装を持って行って、ルーテルで着替えるべきだった。どんどん早まってしまっていたから。

今回の『マハビシェ』は、今までやった中で一番まともだったかも。最後まで踊るのは、これで3回目。次回は、5名編成でできるだろうか。インド舞踊やりたい人は、スブハジット先生知っている人以外は、難しいかも。だって、私たちのネオ・クラシック・インド舞踊って、ルイジ・ジャズ・バレエできないと踊れないようなスタイルの踊りだから。


平成30年6月4日 月曜日 

 

臼井さんがいらして下さった。 昨年の今頃、本塩町のことでは、本当にお世話になった。結局、私は、様々の方のご厚意に甘えてしまっている。臼井さんは、特に真摯でいらっしゃる。

さて、スペインから来たオスカーは、ちょっと番狂わせだった。でも、今は、デンマーク、スイス、キリスト教とペルシアがいるから、一人仕事ができない人がいても、全然関係ない。

これまでの私は、一人しかヘルパーがいなくて、その人の仕事ができないことでストレスを感じていたけれど、いい人たくさんいる人は、ストレスなんかないのだとよくわかった。夜には、英国が到着したから、もっと良くなる。

昨日のコリア写真、扇子の角度がいまいち。45度に下に向けないとね。

まあ、そこの部分は、踊りを治す。


平成30年6月5日 火曜日 

 

非常に、言いにくいことだったけれど、オスカーにはお引き取り願って、残りのメンバーで朝の仕事を始めた。庭仕事と、掃除班に別れて、効率よくやった。さすが40代女性だけあって、英国の掃除ぶりは、卓越していた。

今回のことでわかったことだけれど、人が余るほどいる場合は、どんどん良くなっていく。

だから、これからは、最低三名を確保しておこう。つまり、アルゼンチンの双子と、英国人潜水夫がいた時が上手く行っていたのは、できる人材が複数いたから。そう考えると、私は、スロバキアや、ちょっとオツムの弱いイタリアなんかが来た時に、すかさず、次を捜せばよかったのだ。一人の人を良くしようとか努力するより、募集した方が、はるかに簡単。業界にいたのに、どうしてこの点をちゃんと理解していなかったのだろう。


平成30年6月6日 水曜日 

 

ニッポンレンタカーへお昼ごはん前に行った。ほとんど何も傷がなかったので、事故として扱わなかったそうだ。痛んでいなかったので、修理にも出さなかったから、保険も使っていなかったとのこと。

そうか、そういうことだったのか。

これで、陳述書が書ける。

裁判所に電話して、書記官と話をして、確認した。

神様は、私を救って下さった。

弁天町のNTTの機械が壊れたことも、やっと電話して新しいのを送ってもらうように手配した。

すでに一ヶ月経過しているのではないだろうか。

思うに、NTT というか、あそこはOCNなのだろうか、解約してもいいかも。

現在、ポータブルでやっているけれど、一応繋がっているみたいだし、ケビンのように動画編集している人もいるくらいだから、それでいいのかも。


平成30年6月7日 木曜日 

 

夕方、水漏れ工事の業者が3名か4名(多すぎる)と岡崎さんと不動産屋の芦川さんが来た。青葉台の家付き土地は、あれだけの敷地面積があっても、4500万円にしかならないそうだ。

やはり田舎に物件買っても、無駄になるだけ。都心しかやってこなかった私は、それをよくわきまえている。

都心でさえも、住所のいい悪いはあるわけだし。

庭を網で囲った。ジャスミンがどれくらい育つか。 

 


平成30年6月8日 金曜日 

 

 真夜中の1時半に眠りが中断されたけど、お風呂に入ってから、また寝た。ぜっちに陳述書を仕上げて、送付しないと。

 

 


平成30年6月9日 土曜日 

 

 朝4時に寝たけれど、8時に起きて、北区のお祭りの本番に電車で行ったから、疲労困憊して、戻って来てから寝てしまった。

北区のお祭りは、新宿区と比べて田舎っぽいところが取り柄のようなお祭りで、みんなが食べたり飲んだりしているところで、上演が強行されているということもすごい。

何か、マス席に座って、飲み食いしながら田舎芝居を延々と見ているのと似ている。

起きてから仕事をしていたら、結局また寝るのが10日の4時になってしまって。

 

 

平成30年6月10日 日曜日 

 

 朝4時に寝たけれど、8時に起きて、北区のお祭りの本番に電車で行ったから、疲労困憊して、戻って来てから寝てしまった。

北区のお祭りは、新宿区と比べて田舎っぽいところが取り柄のようなお祭りで、みんなが食べたり飲んだりしているところで、上演が強行されているということもすごい。

何か、マス席に座って、飲み食いしながら田舎芝居を延々と見ているのと似ている。

起きてから仕事をしていたら、結局また寝るのが10日の4時になってしまって。

 

 

平成30年6月11日 月曜日 

 

 朝4時に寝たけれど、8時に起きて、北区のお祭りの本番に電車で行ったから、疲労困憊して、戻って来てから寝てしまった。

北区のお祭りは、新宿区と比べて田舎っぽいところが取り柄のようなお祭りで、みんなが食べたり飲んだりしているところで、上演が強行されているということもすごい。

何か、マス席に座って、飲み食いしながら田舎芝居を延々と見ているのと似ている。

起きてから仕事をしていたら、結局また寝るのが10日の4時になってしまって。

 

 

平成30年6月12日 火曜日 

 

 昨夜から寝ないで、朝の5時半に家を出て、東京駅から始発の新幹線に乗る

車中で爆睡して、着いたら、金沢。いやあ、駅が素晴らしい。コンクリートや金属ではなくて、木材を使っている。涙ぐみたくなってしまった。

ホテルは、お城の目の前だから、これはいい。荷物を置いて、早速お城と、兼六園へ。雅子ちゃんのお稽古は、明治政府の機織り工場跡みたいな、芸術村という大規模な練習施設。すごい、こういうものがあるということが。東京なら、スタジオ村だけど、規模が違う。金沢の郷土料理を食べて、就寝。やはり、パソコン持って行って、正解。 

 

平成30年6月13日 水曜日 

 

 昨夜から寝ないで、朝の5時半に家を出て、東京駅から始発の新幹線に乗る

車中で爆睡して、着いたら、金沢。いやあ、駅が素晴らしい。コンクリートや金属ではなくて、木材を使っている。涙ぐみたくなってしまった。

ホテルは、お城の目の前だから、これはいい。荷物を置いて、早速お城と、兼六園へ。雅子ちゃんのお稽古は、明治政府の機織り工場跡みたいな、芸術村という大規模な練習施設。すごい、こういうものがあるということが。東京なら、スタジオ村だけど、規模が違う。金沢の郷土料理を食べて、就寝。やはり、パソコン持って行って、正解。 

 

平成30年6月14日 火曜日 

 

 昨夜から寝ないで、朝の5時半に家を出て、東京駅から始発の新幹線に乗る

車中で爆睡して、着いたら、金沢。いやあ、駅が素晴らしい。コンクリートや金属ではなくて、木材を使っている。涙ぐみたくなってしまった。

ホテルは、お城の目の前だから、これはいい。荷物を置いて、早速お城と、兼六園へ。雅子ちゃんのお稽古は、明治政府の機織り工場跡みたいな、芸術村という大規模な練習施設。すごい、こういうものがあるということが。東京なら、スタジオ村だけど、規模が違う。金沢の郷土料理を食べて、就寝。やはり、パソコン持って行って、正解。 

 

平成30年6月15日 火曜日 

 

 昨夜から寝ないで、朝の5時半に家を出て、東京駅から始発の新幹線に乗る

車中で爆睡して、着いたら、金沢。いやあ、駅が素晴らしい。コンクリートや金属ではなくて、木材を使っている。涙ぐみたくなってしまった。

ホテルは、お城の目の前だから、これはいい。荷物を置いて、早速お城と、兼六園へ。雅子ちゃんのお稽古は、明治政府の機織り工場跡みたいな、芸術村という大規模な練習施設。すごい、こういうものがあるということが。東京なら、スタジオ村だけど、規模が違う。金沢の郷土料理を食べて、就寝。やはり、パソコン持って行って、正解。 

 


平成30年6月16日 土曜日 

 

 明け方、カールちゃんが、外で鳥を捕まえて来て、地下でドッタンバッタンやったみたい。床にスズメの羽根が散らばっていて、隅に、死骸が。あ、どうしよう。ナディアさんのレッスンあるのに、レモもバレリーナも、日本語学校へ行ってしまっているから、うーん、自分でやるしかない。これは困った。こういう時に限って、猫事件が起きる。

でも、カールちゃんは、本当に勇敢で男の子らしい立派な王子様に育っと思う。もう、赤ちゃんじゃない。

 


平成30年6月17日 日曜日 

 

教会へ行って、珍しく寝ないでいた。パリサイ派の人と、ヨハネの弟子が一緒になって、イエスは断食をしていないと批判するのいうのは、これは、初耳。ヨハネの弟子は、イエスになびいたりしないで、ヨハネ亡き後も、あくまでヨハネの弟子だったのだろう。それにしても、サロメが欲しいものがヨハネの首だったなんて、本当のことだろうか。

結局、城北台のオレンジと紺の自転車の鍵を壊さないといけなかったのだけれど、鍵付きはやはりダメ。あとで失くすから、数字の組み合わせが一番いい。

カルロスが来た。いい人過ぎるから、女になめられるのだろう。それにしても、そのチャイニーズは、もともとお水で日本人配偶者がいたのではないだろうか。でなかったら、不動産契約なんかできない。


平成30年6月18日 月曜日 

 

 

ありがたいことに、ドイツ人弁護士のエヴァマリーが私を覚えていてくれた。かなり気の強い人だと思ったけれど、まあ、いいところある。

さて、2時に修理の業者が来ることになっていたけれど、結局、終わったのは、7時で、買い物にも、郵便局にも行かれなかった。参った、参った、でも、一応、上の階からの水漏れは止まったから、これでもうトイレの中で傘を差さなくても済む。

すごい体験をしたことになる。美容院の予約今日できなかった。安心してはいけない。 時間がない。21日のお昼ご飯にどうやって今のまま会えるの。20日にやってくれるところを捜さないと。


平成30年6月19日 火曜日 

 

 やっと工事屋さんが来てくれたから、これで数日後には、トイレの壁紙と天井がちゃんとなるだろう。天井板も取り替えるたい。

ソフトバンクへ行ったら、あの使えないポータブルWiFiが違約金なして解約できるのは、10月1日からとのこと。絶対忘れないようにしないと、その日は。

22日に必要な書類もしっかり印刷した。その代わり、そこに挟んであったメモリカードをどこかへやってしまった。明日、バレリーナさんに片付けてもらわないと。

本当は、まゆみさんのお見舞いに行きたかったけれど、4時半に起きたので、午後ずっと体力がなくて、そこまでできなかった。今日は、庭の椅子を一つにして、自転車を東宮御所亭に用意したので、ものが減った。