令和2年10月1日ー12月末日

令和2年10月1日 木曜

 

昨日渋谷のアップリンクで『れいわ一揆』の映画を見て戻って来たらすでに夜11時を過ぎていたから、寝たのは1時半。起きたらもうギリギリだったけれど、早めに出てガソリンも入れる余裕があった。

お稽古の帰りにズボンの裾上げを2枚取って、戻って小笠原旅行の手配のために電話をかけまくる。

来ることになっていた水回り工事の会社が車がパンクして、明日来ることになったので、空いた時間を旅の準備に使った。

11月に屋久島、12月は小笠原、1月ついに沖縄で辺野古の座り込み。

面白いことになりそうだ。

GoToがあるから、沖縄旅行安かった。



令和2年10月2日 金曜

 

お稽古の帰りにまた山ほど食べ物を買ってしまった。

冷蔵庫の中のものがなくなるまで買わないようにしようと昨日決心したのに。

アボカドとバナナ、梨を小さく切って、そこにハチミツをかけると美味しい。

最初の頃はアボカドだけでハチミツかけて食べていたけれど、そのうちに、梨そして今日はバナナが加わるとバラエティがあってより美味しい。

クラシアンさんのお陰で、洗濯機周りやお風呂場の給水蛇口がよくなり嬉しい。でもこれは大家に請求できないから実費、¥50380。

本当は直したいところがたくさんあるけれど、私流にやったらすぐに数百万円かかってしまう。
今は、それをやってはダメ。

物にお金を使うより、体験を買う旅に使った方がいい。これまでそうすればよかったけれど、私は物に多く出費した。

小笠原の宿泊施設に電話をかけまくる。2週間の小笠原は20万円くらいになってしまいそう。5泊6日の沖縄旅行が10回できるほど。沖縄が安すぎるのと、小笠原がGoToをやっていなくて、意固地な値段設定をしているから。



令和2年10月3日 土曜

 

お稽古の後、カーサ第二のそばのガストで昼ごはんを食べてから、自転車で池袋へ。

東京芸術座で『ブルーストッキングの女』を観た。
昭和な感じの新劇だった。
私はこういうのもう観たくない。

デフォルメされた様式でないと、退屈。

リアリズムはもういい。

来週のスタジオを下見するために、大久保通りから小道を入る。
すごい、この地域って、こういう建物、まだあるんだ。全くメンテをしていないオーナーって、ちょっと本当にどういう人なのだろう。

 エレベーターに乗った時、すごく怖かった。



令和2年10月4日 日曜

 

教会で踊った。今日の衣装は、黒レーススカートに黒タートルに、濃いピンクジャケット。

1回目に踊った時より数段慣れてきたせいか、直後に立っていられないほど腰が痛くなったりしなくなった。冷房がなかったから、身体が使えた。

タガログ語の礼拝の時、フィリピン人達の前でもちょっと踊らせていただいた。こんなもので客寄せパンダになるのならどうぞ、使っていただきたい。

3時に戻って来て、腕を引っ張られて「歌の練習」に参加させられた。

私は歌わないで、ずっとストレッチとエクササイズ、フロアーで踊っていた。ダンスシューズではなくて、ジャズブーツと普段着。このくらいストレッチしてからだと十分に汗をかいているから、踊れるけれど、これまでは冷房で寒すぎるところでいきなりだったから、思うようにできなかったけれど、これからはいい季節。暑すぎても踊れるけれど、寒すぎると踊れない。

四ツ谷生活を終え、市ヶ谷で2年、戸塚で半年という怒涛のような日々を送っていたため、余裕がなく、以前のような富士ミネラルウォーターを堪能することをすっかり忘れていた。

再び日本で一番良い水だけを飲むようにしようと思う。

教会の笹沼塩美さんのご紹介で、阿久津さんというクリスチャン大工さんをご紹介いただいた。
少しづつここの環境を良くして行こうと思うけれど、貯金を崩して暮らしているので、さて、どうしましょうか。


令和2年10月5日 月曜 

 

唯一のお休みの日。
どこへも行かないで、家でできる仕事を仕上げよう。

小笠原丸の予約もあるし。

ニトリは明日お稽古の帰り道で十分。
素晴らしい、メリハリのある生活。この一軒家と出会わせて下さった神様に感謝。

阿久津さんのおかげで、ちゃんとした木戸ができそうで感謝。

またやってしまった。お鍋を空焚きしてしまった。

火を使っている最中は絶対に台所から出てはいけない。
これを鉄則にしないと。

1週間で2回やると、使うお鍋がなくなる。

外から帰って来たブリュンヒルデちゃんを抱きしめたら、首が痒くなり、20個くらいの噛み痕(?)が残ってしまった。お風呂でよく洗う。もう一緒に寝られない。9月半ばに首に防虫フロントラインしたのに、半月しか持たないで、こんなことに。ああ。

石垣島経由で与那国島へ行くという手もある。でも、フェリーで1日かかる。この手を使えば、一度に二つの島を訪問できる。

 


令和2年10月6日 火曜 

 

カラッとした素晴らしい朝。ヨーロッパの夏のような感じ。

朝の庭に出て全然虫に刺されなかった初めての日。

今日から新しいスタジオへ行く。倉庫と近いから自転車で行かれる。ありがたい。原付バイク駐輪も問題ない。

イヨンちゃんが来て、目黒雅叙園のチケットをあげる約束。 

ガストでイヨンちゃんとお昼を食べてから、別れて、私はビッグカメラへ水中カメラを買いに行く。そうか、富士フィルムって、アドレナクロムだけじゃなくて、水中カメラも作ってるんだ。

ニトリでお鍋やシャワーカーテンを仕入れる。ここはいいものは売っていないから、ミルクパンは買うのやめた。

バランスボールが届いたから、今夜から楽しく遊べる。


令和2年10月7日 水曜日 暑い のちに雨

 

 お稽古の後、目黒雅叙園百段階段美術館へ自転車で行った。

昨年行ったきり、ずっと閉まっていたから、今年はこれが最初。
例年は毎回欠かさず必ず見に行く。
それにしても、東京一だと思っていたホテル雅叙園が外資の手に落ちてしまったとは悲しいこと。
百段階段のような東京都指定有形文化財になっているような建築物は、とが買い取るなりして、守れば良かったのに。
東京都は五輪に使ったお金、文化や芸術、学問、福祉に使ったら、東京は今頃、世界一輝いている待ちになったのだけど。

大久保から目黒まで山手通りを通って行ったけど、充電がちゃんともってくれて良かった。予備電池を買おうかな、それとも自転車本体そのものを買おうかなと、悩んでしまう。

でも、本体を買ったら12万円、替えバッテリーだけなら3万円。
1代目の電動自転車も替えバッテリーを買って、どうにかもたせたわけだから、今回のもそうしようかしら。

東久留米だかそこらへんに新装開店したコジマへ行ったら、猫缶の安いこと。ドンキで買わなくて良かった。駐車場が二輪満車で入れなかった。こういうところにも、神様のご配慮が感じられる。

神様、ありがとうございます。

ことごとく、私は神様に守られていると思う。


 令和2年10月8日 木曜日 小雨から大雨

 

お稽古の後、ダイビングの申し込みに行ったけれど、色々あり、それはやめた。

神様が救って下さったと思う。感謝。

目白のホンダドリームでオイルチェックをして戻る。

雨がひどくなってしまった。

冷蔵庫の中からピーマンや獅子唐芥子、お豆腐、胡麻豆腐、色々見つけてしまった。

食べ物を無駄にしないようにしようと決心したのに、ちょっと気を許すとこれだ。

神様、ごめんなさい。


令和2年10月9日 金曜日 大雨

 

 

餌をロイヤルカナンに変えたら、イヌおちゃん、なんか、ふっくらとしてきたような感じがする。

カナガンの時も、食いつきが良かった。

ロイヤルカナンは、良いことはわかっているけれど、何しろ高いので、これまで敬遠してきたけれど、イヌおちゃんの最後の日々のために、用意しようと思う。

私に甘えて、膝の上に乗ってくる。
可愛い子。赤ちゃんだった時に来てくれてからもう18年。

今月の五島列島行きの飛行機が取れた。ほとんど同じ時間に飛んで同じ距離なのに、JALより1万高い。ま、仕方がない。日にち優先だから。

GoToキャンペーンは1月末日で終わりだから、それまでに行ける時に行っておかないとあとで後悔する。


令和2年10月10日 土曜日 台風14号で雨

 

庭に出る以外、どこへも行かず、二階に畳を敷いて、台所に敷布団を敷いたら、踏み心地のいいこと。

今はグリーンのカバー。

床に何枚か座布団を敷くよりずっといい。

汚れが目立つ薄い色のカバーを買おう。布団カバー、多分全部市ヶ谷に置いて来たから。

藤椅子を二階に上げて、玄関に1畳半の畳を敷いた。

あー、またやってしまった。

3メートルしか離れていないのに、じゃがいもを茹でているのを忘れて、空焚きをしてしまった。ここ1ヶ月で3回目。このお鍋、捨てようっと。長い間お世話になりました。

カヤックのエッセイ書き始めた。

確かに入れたはずの毛のついた黒いバックスキンのブーツが出てこない。まあ、いい、あれは安物だから。オーダーメイドで作った黒と白のが出てくればそれでいい。引越しをするたびに物がなくなるけれど、物にはこだわらない。失くなるからまた買える。

将棋盤の上にバランスボールを乗せて座っているから、腕の筋肉がつきそう。


令和2年10月11日 日曜日 曇りで暖かい

 

3ヶ月前に激動の引越しをしたとは思えないほどあの日が遠い昔のように思える。

そうか、まだ3ヶ月しか経っていないのか。

教会で主日礼拝とフィリピン礼拝で踊り、戻って来て、入浴。

入浴して身体の温度を上げておくことがいかに大切かということ。特にこれからの季節。

もう少し経ったら、湯たんぽ用意してもいいと思っている。

あ、そのためにはやかんを買わないと。

火曜日の午後4時にあんずさんがいらして下さることになった。今日は早く寝よう。

神様、台風を終わらせて下さってありがとうございます。


令和2年10月12日 月曜日 

 

 白丸湖へカヤックをしに行った。今度はイヨンちゃんと一緒。

 前回の初心者用ではなくて、低いカヤックに乗った。そうしたら、背もたれがない。ペットボトル置く場所もない。でも、この方が、本格的なようだ。
台風14号の後だったから、流れが早くて、向こう岸へ行く時、波に流されてしまいそうになる。

そういう時、無理に角度を変えようとせず、自然に流れに従っていると転倒しないということがわかった。
ともかく無事に終えた。

美味しい手打ちそばを食べて満足。

近いから、前日から宿泊しないでも大丈夫ということが判明。新宿へ行くより早く着く。


令和2年10月13日 火曜日 

 

三浦大紀くんの文化庁芸術祭参加公演の招待状が届いた。すごい。頑張っている。誇りに思う。

1日一個アボカドを食べようと思ったけれど、タイミングがわからない。

サラダ:柿、イチジク、りんご、アボカド、ゆで卵、キャベツ、ツナをマヨネーズとオリーブ油で和える。

玉川学園購買部から来たロイヤルゼリー、小さい。耳かきみたいなスプーンで1匙食べる。
バイオスイスのロイヤルゼリーは大きかった。

あ、11時半までパソコンの前にいる。前はもっと早く寝ていた。


令和2年10月14日 水曜

 

ものすごく早く着いた。出る時間を8時5分にした。

お稽古の後、浅草へ。自転車のバッテリーが保つかどうかわからなかったから、平坦な道ではスイッチを切って走ったら、現地へ着いた時、まだ5あった!
そんなことならもっと楽して走ればよかった。

靴を二足と洋服二枚買った。お寿司屋さんが空いていて、気の毒だった。6枚と茶碗蒸し食べた。築地で食べているから、浅草のお寿司が大したことないとすぐわかるけど、人助け。

バッテリーだけ買おうかな。以前の電動自転車はそうしたから長く乗れた。 


令和2年10月15日 木曜日

 

3ヶ月前の今日はこうだったということを読みながらそれを消して書いているから、面白い。そうか、3ヶ月前の今頃は、激動の引越しをしていたのか。
お稽古の帰りにクリーニングを受け取り、雨がぱらついて北中、サイズ直しを4点出して、戻って来てから、美容院に行った。下手くそ。田舎だから仕方ない。内装がダサい。でも値段がこれだから許せる。美容院で寝てしまった。

小笠原開運から書類が届いた。

旅がどんどん実現化する。

 

 

 


令和2年10月16日 金曜日

 

原宿のHuesの高橋さんのところで、ヘアとメイクをしていただく。

以前の時と比べて、肌の状態が良くない。これは反省すべき点。今夜から顔全体にオリーブ油をつけて寝よう。

 結局、四谷三丁目のパレットで撮影をしていただいた。

写真を撮っていた人が、なんと、鍋島藩の江戸屋敷に使えるカラクリ職人の家系のお嬢さんだった。

鍋島公園より大きな敷地の屋敷があるとのこと。道から家が見えないと言っていた。

トライクルの試乗したかったのに、連絡が取れなくて、行かれなかった。行っていたら、四谷三丁目での撮影ができなかったから、結局できなくてよかったのかもしれない。行くのに時間がかかるから、そんな時間からでは、帰りは真っ暗になってしまうから、こういう半端な時間に遠出するのではないという神様のお計らいだと思う。
私の計画の立て方は、自分の体力を無視した、ちょっと机上の空論みたいなのが多いから要注意。

 


令和2年10月17日 土曜日

 

朝、車屋さんと電話で連絡が取れてよかった。

思うに、昨日使った電話はKDDと言っていたような気がするけれど、それって、かける時に何かテクニックがいるのかもしれない。0を前に3つつけるとか。普通のNTTの電話でたくさん。

どこへも行かず、大阪に送る仕上げるべきものを仕上げて、きちんと掃除して、料理の後片付けして、正しく食べた。

これから寒さに向かうから、台所に座布団を敷き詰めよう。2階の踊り場も座布団を敷いてしまおう。

 


令和2年10月18日 日曜日

 

教会で踊る。黒ドレスは横スリットが少ないから踊りにくかった。もう使わない。上は、青金ジャケット。

浅草で買ったショーツブーツは、足が痛い。やっぱり、既製品だめ。わかっていたのに、安いから買った自分が悪い。バザーに出してしまおう。バンコクへは行かれないから、仕方ないから、神楽坂で作るか。

それとも、ロングブーツ履けばいいだけのことか。

それにしても、黒エナメルブーツや、白ショートブーツどこに行ったのだろう。まあ、いい。

子供にエクササイズとステップやったけれど、子供の能力が違いすぎる。フィリピン人の子、これまでに何人も教えたけれど、みんな同じく動体視力が全くない。どうしてだろう。リタ以外みんな同じ。

かわいそう。

李先生にいろんなお話をしていただいた。


令和2年10月19日 月曜日

 

朝ゆっくり寝て、8時少し前に起きて、ゴミを出すついでに3袋いただいた。層を厚くすると、絶対に変わってくるはず。

道の部分なんて、落ち葉だけではなく、土も置いているから、かなり良くなってきた。植物の根があれば、湖ができない。地面の保湿能力は、根が作る。

教会に植物を持って行くことになったから、俄然張り切れる。

サハラのサボテン君、出番です。

キダチアロエや、金のなる木や、名前わからない多肉植物も。

午前中ずっと庭仕事で過ごした。

朝ごはんなしで、昼食べて、ゆっくり布団カバーを再度緑にして、カヤックの写真集の続き。


令和2年10月20日 火曜日

 

4日ぶりにお稽古に行く。やはり8時12分に出発すると、到着時間が早くてゆっくりできる。まさか6拍子のところをやれるようになるとは思わなかった。

新宿区役所で転出証明取得。

お稽古の後、いつものように瓶牛乳を仕入れ、鶏肉のお昼ご飯。もうこれからは、自宅での食事は鶏肉と魚だけにする。野菜と果物たっぷり。身体を健康に保つことを優先しよう。

武蔵村山市役所は閑散としているのに、床面積がすごく広くて、新宿区役所くらいかそれ以上あるので、笑ってしまう。今日から武蔵村山市民になった。

可愛らしいピンクのお花付きの、原付用ご当地標識を受けた。都心に駐輪すると、失笑を買うか、微笑ましく見てもらえるか。

ところで縄文人にはネアンデルタール人の遺伝子がほとんど入っていないけれど、大陸から来て、フォッサマグナより西に住んでいる人たちには残っているようだ。だから、性格がアレなんだと思う。

まゆみさんの一回忌の予約を取った。恭ちゃんから教えていただいた、築地の和み 竹若。
何人くらいいらしていただけるのか。

サンバの予約を一件いただいた。神様に感謝。

早く寝ようと思っていたのに結局10時過ぎてしまった。


令和2年10月21日 水曜日

 

4時半に起きて、朝風呂の後、おでんでご飯。

本当はカヤックの写真集の電子出版、旅行前にしようと思っていたのに、まゆみさんの一回忌案内状に思いのほか時間がかかってしまい、続きは戻ってからになってしまう。

メイク以外の荷物は全部詰めたけど、荷物が小さいから、お土産は持って来られない。送ろう。

 

 

 


令和2年10月22日 木曜日

 

 


令和2年10月23日 金曜日

 

 


令和2年10月24日 土曜日

 

電動自転車で島を回る


令和2年10月25日 日曜日 

 

昼から港から船に乗ってツアーに参加。カクレキリシタン、潜伏キリシタンの違いがわかった。


令和2年10月26日 月曜日 

 

朝風呂の後、朝ごはんたっぷり。

ふるさと屋敷でかき氷を食べたあと、石松へ行って最後のキビナゴ御膳。

時間がありすぎる。洋菓子屋へ行って、ケーキとサラダ、紅茶を3杯と練り切り和菓子。ああ、豚になる。

楽しかった五島列島の旅が終わる。

次回は五島列島の北側に行こう。本物のカクレキリシタンがいるのは、平戸のそばのなんとかという島だそうだ。

福江発、長崎経由、羽田に着くともう夜の10時。市ヶ谷のファーストキャビンに。

ここはすごくいい。大きなお風呂がある。また利用したい。

浅草よりいいのは、場所が便利なのと、大きなお風呂があるから。


令和2年10月27日 火曜日

 

朝起きて、新大久保まで来て、倉庫にキャリーケースを預ける。あそこに駐輪場を借りたのは非常に便利。

お稽古の後、戻ったら、イヌおちゃんが待っていてくれた。

お風呂とご飯の後、11時間寝てしまった。

猫たちがみんな掛け布団の上に集まった。


令和2年10月28日 水曜日

 

お稽古の後、ガストでお昼をしてから、俳優座へ。関谷幸男先生演出の素劇を観た。すごい。究極の舞台。

俳句というか、侘び寂びというか。

劇団風の子。無駄を省いた。

たきちゃんみたいな、可愛い女の人が出ていた。

しゃがんで演技する必要はないと思う。

貧乏くさいから、タイシルクで衣装作ればいいのに。

足袋は、武蔵家の紐たびにした方がオシャレ。

地味にしなくてもいいのだと思う。

商業舞台なのだから。

手ぬぐいだってもっと派出て良かった。

それにしても、山の村の苦しいこと。泣けて来た。

サンバ衣装を二箇所に送付した。

真夜中に寝た。

 

令和2年10月29日 木曜日

 

鶏肉をオリーブ油で焼いた朝ごはん。

ぬか漬けを自分で作らなくなってしまっているので、買ったお漬物を食べているけれど、1月末までは、留守の期間が多すぎて、自分で作れない。

お稽古の後、サイズ直しのお店から4点を受け取る。

戻ってお昼を食べて、3時間お昼寝してから、太鼓の包みを兵庫県に送る。近い方のセブンイレブンがあるから駅まで行かなくてもいい。
あ、夜中になってしまった。お風呂入ってすぐに寝ないと。

 

令和2年10月30日 金曜日

 

朝風呂の後、横になると起きられないから、色々料理をするなどして過ごし、早めに出発。8時2分だったから早く到着しすぎた。

帰りにニトリで片手鍋を買った。

笛の鳴るヤカンを買おうかとも思ったけれど、ヤカンはお湯を沸かすことしかできないから、片手鍋のミルクパンの方が使い勝手がいい。

今夜から湯たんぽを使い始めた。猫が喜んだこと。
私が思っていたような木曜日ではなく、金曜だったから、牛乳を1日分3本しか仕入れなかったのは失敗だった。
次に新宿へ行くのは4日後の火曜日。

令和2年10月31日 土曜日

 

何日ぶりだろう、本当の休みの日。

時間の流れがゆったりで嬉しい。

ダイニングの床に敷いた布団のカバーを替え、拭き掃除。掃除機はかけにくいから、ガムテープが一番効果的。

トイレも掃除した。 

掃除機は邪魔だから、二階へ持って行こうかな。

靴センターなるものが、玉川上水(地下に潜るトンネルがあるから、あの道嫌い。できれば避けたい)のちょっと先にあるから覗きに行った。

安物ばかり売っている店だったけれど、雨が降っても大丈夫なハーフブーツを買った。

この秋は本当に台風が来なかった。


令和2年11月1日 日曜日

 

昨日の夕方3時間眠ったので、朝5時に起きた。ブリュンヒルデちゃんがいつものように起こしに来てくれた。

笹の鉢、小さな鉢3個。アロエヴェラ、

教会へ行って、踊る。青シルクスカート、白絹トップ、白絹ジャケット。

フィリピン人たちは、サウジアラビアで隠れプロテスタントクリスチャンをしていたことを知った。

赤いスカーフをプレゼントして下さった。感謝。

来週、隠れキリシタン資料を持ってフィリピン礼拝に参加することになった。発表する場があって嬉しい。

来週教会に持って行く金のなる木、砂漠の女王、ホワイトエケヴェリアの植木鉢を用意した。 


令和2年11月2日 月曜日

 

 朝から阿久津さんがいらして、木戸の修理というか、取替工事。

義理の息子さんと二人でおやりになり、夜8時までやって下さった。

実に良いお仕事で、素晴らしいお人柄。

そのような方をご紹介下さった塩美さんに感謝。

あとは、ゴミ置場をもっとちゃんとしないと。

植物を運んだ時の袋が多い。それから、土を買うから、その袋も。あ、ゴミ捨て場から、草刈りや雑草の詰まった袋を持って来るからその袋もたくさん。すでにもう10袋以上は持って来たのかも。虫対策に気をつけないといけない。人の家の庭の害虫をそのまま持って来ているのと同じだから。薬ではなくて、竹酢駅で退治しよう。

新しい鉢物2つ買った。赤とピンク。

 


令和2年11月3日 火曜日

 

 ものすごく道路が空いていて、普段より20分以上早く着いてしまった。

そうか、今日は、文化の日だった。亘さんがやっていたような日の丸買おうかな。旗日にちゃんと出していた。

そういうけじめは、文化人として必要なのだと思う。

ネットで注文しよう。

空気清浄機も。いつダメにしたことか。最後の方、お手入れ面倒になってしまうし、すぐに水が切れるから手間がかかる。

猫さんのご飯類たくさん買った。

 


令和2年11月4日 水曜日

 

 戻って来てご飯の後、Big Boyで塩美さんとお会いする。「お茶しましょう」と言われて、初めてお目にかかる。二人でちゃんとお話ししたのは初めてだった。とても心がきれいな人だと思う。能力がある。70名が教会を辞めたのは、子供はわずか20名くらいで、あとは全部大人だったと聞いて、もう、びっくりした。

私はまだ新米だから、何がどうなっているのかよくわからないけれど、人の心が冷たくて、殺伐としている雰囲気はよく伝わる。

それと比べて、フィリピン人達は、親切で、心が温かく、気持ちが通じる。フィリピン教会はますます大きくなっていくだろう。

 

 


令和2年11月5日 木曜日

 

お稽古に行く途中で、岸和田の裁判所に電話をして、本日の欠席を通知。

年内にお稽古場のビルの外装、工事ってするのかなあ。普通は年を迎える前に、清掃や修理をするのだけど。

昨日に引き続き、バラに巣食う虫を相手に、壮絶な闘いを展開した。竹酢液もっと買って来ないと。

これを使うと、君子蘭も色が生き生きし始めた。そうか、全部の植物にこれを霧吹きでかけよう。

料理を作る、洗濯物を干す、猫や植物のお世話、お掃除そういうことが全部楽しい。

ここは素晴らしい。阿久津さんに作っていただいた車庫、なかなかいい感じ。掃除しようと思う。今日は、ちょっとだけやった。白スポンジで拭くだけでも相当見違える。

 

 

令和2年11月6日 金曜日

 

 8時に出発。金曜日だから道が混んでいるけど、まあ、速く着いた。お稽古後、仲野クリーニング、坂本屋でカステラを仕入れ、その後、防寒用品をいくつか揃え、おかずを買った。

四ツ谷商店街のくじ引きに当たった!¥500&¥100!

早めに昼寝をしようと思ったら、そんな暇全然なくて、竹酢液を買いに行く暇もなかった。

明日、多摩センターへ行く前にそれを買って、庭にスプレーしようと思う。竹酢液は絶対に植物に効く。それは台所の窓辺の胡蝶蘭を見ればすぐにわかる。もっと早くに毎日スプレーしておけばよかった。完全に枯らしてしまった子もいて、かわいそうだった。

屋久島のツアーはカヤックと島一周観光バスが予約確定で、原付バイクは予約希望中。トレッキングツアーがどれも満員なところを見ると、屋久島はすごく混んでいるみたい。ビニールみたいな洋服持ってない。バックパックも。


令和2年11月7日 土曜日

 

 朝、お隣のおじいさんからお叱りを受けた。白黒猫さんたちが、お隣の敷地内と、その向こうの栗畑にお粗相をしたとのこと。

これまで引っ越して来て3ヶ月、知らなかった。

あーあ、始まった。

お縁側を締め切ってしまった。

白ちゃん、お風呂場の窓から戻って来られるか。

三浦大紀さんの公演に行った。芸術祭参加公演。今年は参加作品が少ないから、もしかしたら、受賞できるかも。

マカロニグラタンを作った。牛乳も、パルメザンもなかった。次回は用意しないと。味が濃くなるから、鶏肉に塩なんかかけないほうがいい。


令和2年11月8日 日曜日

 

教会で踊る衣装は、地味だけど、夏のサッカー時のアンサンブルドレス。

教会から戻って、すぐに旅の用意。

猫のお世話、家事、出発前はやることがたくさんある。

猫シッターの杏さんにも、昨日のおじいさんからのお小言を連絡。

猫を閉じ込めるしかない。

自由を知ってしまった子達を閉じ込めるのは難しいけれど、そうでもしないと、私はまた裁判を起こされてしまう。

早く寝ようと思ったけれど、結局夕方7時になってしまい、緊張して寝ていたら、夜9時に起きてしまった。

お風呂に入って、家事をして、夜中の2時半に原付バイクで出発。

 


令和2年11月9日 月曜日

 

 

ま夜中の新青梅街道は、暗くて寒くて、道路がガラ空き。

4時過ぎに新宿駅の一番乗りして、始発で品川に。羽田は混んでいた。鹿児島行きに乗り、鹿児島で乗り換えて、屋久島へ。

レンタルバイクを借りて、空港の観光協会でクーポンを入手。

2000円で5千円の物が買えるクーポン。2冊だから、4千円で1万円分になる。

安房の鹿料理を食べる。れんが屋。2時過ぎていたのに、特別にご用意して下さった。

尾ノ間温泉に。

ぬるっとした濃い温泉。

帰りに植物園で、子宝草、斑入りアロエ、グアバを買ってしまった。初日にそんなものを買ったから、帰ったらすぐに土に植えないと。

宮之浦の川沿にある「とし」というお店で晩御飯。キビナゴの塩焼き定食。バイク屋さんの推薦。


令和2年11月10日 火曜日

 

ゆっくり眠った。朝風呂。

午後に安房川でカヤック。

恵比寿と新宿から来た二人のギャルと一緒。

オープンカヤックで、足を入れるところがなくて、足は見えたままで踏ん張る。

留め金もない。

まず、パドルが左右対称で、初心者向けの物なのだろう。

奥多摩で本格的な装備に慣れているから、観光客向けのなんちゃってカヤックのすごい品質。

でも、綺麗な景色のところで漕ぐのだから、関係ない。

戻って来て、再び「とし」に行き、アラ煮定食で晩御飯。

宮之浦の川辺から見た海。

空のグラデーションが美しい。


令和2年11月11日 水曜日

 

朝、ノロノロしていたら、予約していたモーニングに行かれなくなってしまった。あーあ。

1日コースの午前中は、屋久島の西側に。

ガジュマルとマングローブは違うとのこと。

私たち観光マイクロバスメンバーが見たのは、ガジュマル。

10名くらいいたけれど、驚くことに、全員、ひとり旅。

私は4泊5日¥35000という超エコノミーで来たけれど、オナ宿泊数で10万円高い¥135,000というOLもいて、びっくり。豪華リゾートホテルだそうだ。
世界遺産地区でヤク鹿とヤク猿を見た。

人間を怖がらない。鹿せんべいをもらおうとする奈良の鹿とは全然違う。お昼はトビウオの唐揚げ。

午後コースは屋久杉ランド。

晩御飯はまた「とし」へ行き、お刺身定食を食べた。新鮮で実に美味しい。

令和2年11月12日 木曜日

 

朝は昨日行かれなかった「ルージュ」に朝ごはんを食べに行く。

昨日の無礼をひたすら謝った。

港で自転車を借りて、博物館と民俗資料館の2軒を回る。

電動でないし、カゴもついていないから、使いにくい自転車。五島列島のは、ちゃんとママチャリスタイルで、電動で、前かごもついていたからよかった。

この違いはなんなのだろう。

城下町と僻地の違い。

午後は森の中の散策ツアー。

昨日の整備された屋久杉ランドと違い、本物の原生林の中を歩いた。

こんな体験、一生のうちに何度もできることではない。

苔の上にそれを土に見立てて、次の木が育ち、倒れたら、そこに苔がつき、また、再生していく。

だから、折れた枝や幹を片付けたりしないで、全部、自然のまま放置され、次の生命の栄養にする。

悠久の時間の流れの中でそれが行われている。

どうぞ、誰も来ないで下さい。

人目を避けて、自然が長く続けられますように。

「わさび」という最高に気が利いた店で、早い夕食を摂り、ナイトカヤック。

昼も夜も、私一人のための貸切ツアー。

明かりがないところで漕ぐのはすごく怖い。

潮でどんどん流されて、海に運ばれたらどうしようという恐怖が常にあった。

目に映る波の影にさえ恐怖した。

終わったら、クタクタに疲れて、もう、晩御飯を食べる力も残っていなかった。

令和2年11月13日 金曜日

 

荷物を全部持ったまま「ルージュ」へ行く。朝ごはんを食べて、そのまま停留所へ。バスで空港へ。

早め早めにしているから、気持ちの余裕がある。持って行った本も落ち着いて読める。家ではなかなか読書ができないから、旅に紙の本を持って行くと、はかどる。

鹿児島経由で、羽田に着いたらまだ早い。リムジンバスで新宿へ。ちょっと荷物が多かったから、品川経由は敬遠した。

お腹にちょっと肉うどんを入れて、バイクで新青梅街道をまっしぐら。

猫さんたちは、家の中にいると思ったら、なんと、ムガベちゃんが迎えてくれた。むろん、白はいない。ああ。

閉じ込めたつもりだったのに、二階の踊り場の窓から飛び降りた模様。そんな高いところから、一体どうやって。

白はともかく、ムガベちゃんのあの体型では、さぞかし難儀だったことだろう。

イヌおちゃんがちゃんと生きていた。偉い。よく頑張った。

白が戻って来た。まだ怪我が治っていないから、もう絶対に外へ出さない。

みんなに会えて嬉しい。

令和2年11月14日 土曜日

 

トランプさんを応援しながらの家事だから、常にyoutubeをかけっぱなし。

張陽チャンネルの人がすごい頭脳、分析力、精神の偉大さ。

本物の武士なのだと思う。

チャイナに生まれた人なのに、武士道と出会ったことで、このような素晴らしい心の人になった。

解説が素晴らしい。

猫たちは、人間のお母さんにぴったりくっついておねんねしてくれる。


令和2年11月15日 日曜日

 

教会で踊る。ショッキングピンクの横スリットロングドレス。このドレス、あと何度着たら、裂けるのだろうか。

危ないから、もう踊る時には着られない。観劇ならいいけれど。

さらに2鉢ほど持って行った。

戻って来て、コメリへ行き、新しい植物(バラや赤いパンジー、ピンクシクラメン)を買い、多肉植物の植え替えに数時間を費やす。ああ、楽しい。

こういうことが一番好き。

この家が好き。

明日は工事屋さんがいらっしゃるから、お家の中を片付けないと。


令和2年11月16日 月曜日

 

小笠原へは、ピンクより少し大きめの青いスーツケースを持って行くことにしよう。

ずっとバイクだから、運ぶのは簡単。二週間分だから、着替えが多いだろう。

阿久津さんがペルー人の義理の息子さんと登場。

黒猫は、早々に外へ行ったが、白は家に残した。

昨日、傷から流れている体液を拭いてあげたけれど、もうほとんど乾いて来ている。

自分で舐めて直すしかない。イヌおちゃんも、ムガベちゃんも、結構冷たくて、舐めてあげない。

ペンキ塗りだから、家中がシンナーの臭い。

イヌおちゃんはそれでも、ちゃんと一度は浴室に置いたトイレへ行った。ご飯も食べた。

明日お稽古の帰りに、ピーマンさんと曙橋、手作り靴の神楽坂、牛乳は休みかな、コジマで猫ご飯買わないと。


令和2年11月17日 火曜日

 

久しぶりのお稽古。

かなり早く出たけど、通り沿いで農家の人が売っているお野菜を買う時間はなかったから、明日はもっと早く出て、買おう。
ピーマンさんに屋久島の子宝草を1枚渡して、神楽坂へ。

手作り靴屋といっても、ここは本当の手作りではなくて、洋服で言えば、イージーオーダーというところか。
バンコクでなら、もっと、測って、完全なオリジナル作ってくれるのに。まあ、いい。ショートブーツを一足頼んだ。ヒョウ柄だから、楽しいだろう。

ちゃんと日々の帳簿つけないとと思って数日分まとめて記入。

ブリュンヒルデちゃん、電気ストーブにスリスリしたから、毛皮が焦げてしまった。

火傷はしていない。もうこの電気ストーブつけられない。

でも昨年も同じストーブだったけど、何も問題はなかった。


令和2年11月18日 水曜日

 

お稽古の後、坂本屋へ行って、21日の一回忌のカステラを注文する。当日やるより今日やっておいた方が数段いい。

牛乳は7本のうち6本持って帰って来たけれど、来週のお休みは火水とのことだから、明日また数本持って帰らないと。グラタン作るのに、やはり牛乳がないと不便だから本数多くても構わない。

自転車のことで3時にお巡りさんが来ることになっていたけれど、結局来なかった。面倒だから、その人にあげても構わない。

5時から7時まで2時間昼寝をしたから、頭が冴える。



令和2年11月19日 木曜日

 

お稽古の後、竹芝桟橋に行って、場所を確認した。もう何年も前に行ったから、詳細を忘れてしまったけれど、あの頃と比べると、大きく立派になったように思う。

東急ハンズで、タオルハンガー用の木の棒を買った。メタルやプラスチックはつまらない。それにしても、東急ハンズ、品数が少なくなって、びっくり。

菊池村から届いたお米おいしい。

竹炭を庭に撒いた。まだ沢山ある。

小笠原行きの船の中で読む本が、次々にアマゾンから届く。

可愛い小さな多肉植物が到着したので、コメリに植木鉢を買いに行った。3個。これではとても足りないくらい作れる量がある。


令和2年11月20日 金曜日

 

植物の中には人間の顔を作って、相手を怖がらせて、身を守る種類がいるそうだけれど、この子はその種類なのだと思う。
北側の地面に咲いた。

朝から阿久津さんがいらして、ペンキ塗りの作業の続き。

終わって一安心。

原付バイクが出入りしやすいように、入り口に砂利を積んで下さった。その気配りがすごい。

いい方とお知り合いになった。

来年、今もピンクにできるようにしたい。

植木鉢を買いに行く。多肉植物を寄せ植えしたから、今後が楽しみ。


令和2年11月21日 土曜日

 

まゆみさんの一回忌を築地の和み竹若で行った。

お年寄りの皆さんがいらっしゃれなかったから、結局、能明さん、祐子さん、堀田さんだったけれど、ともかく一回忌をやったということが大切だと思う。

皆さんおいでになれない人が多いから、とりあえず、やめるという選択をしなくて本当に良かった。

いらして下さった3名の方に感謝。

祐子さんとそのあと、ジョナサンに行って、話し込んでしまった。

数年ぶりだから、嬉しかった。


令和2年11月22日 日曜日

 

フラワーが遠路はるばる立川教会へ来てくれた。フラワーとBigBoyでお昼をした後、フィリピン礼拝で踊り、結局、フィリピン礼拝全部に参加してしまった。そんなつもりではなかったのだけれど。

祈りや願いの対象がみんなお金だったのにはちょっとびっくり。

私は自分の個人的なことは祈ったことがない。

祈るのは、いつも人のこと、動物のこと、植物のこと、環境のこと、日本や世界のことにしている。

今はトランプさんのことを祈っていて、ひいては、世界が良い方向へ行くことを願ってやまない。

せっかくホットカーペットが到着したのに、使うのはムガベちゃんだけで、他の子はそこまで来ないのは残念。

二階の和室、今素晴らしい。多肉植物のおかげ。


令和2年11月23日 月曜日

 

今日は勤労感謝の日でお休みだけど、旗日には日章旗出そうと思っていたのに、まだ買ってない。

交番は出していた。まあ、そうだろう。

プリンタの黒インクがなくなったから、コンビニまで行って印刷する。嬉しい、アマゾンで『東京都知事になった猫』をお買い上げの方がいらした。

ビオレを2つとオレンジの菊を買って植える。

人が見て綺麗と言える庭は、整然と整っているより、色とりどりの花が咲いている庭。

夕方、代々木警察が私が昨年失くした青い自転車を持って来た。渋谷区で見つけたとのこと。

おやおや、もう忘れていたのに。

祐子さんは70歳なのに、すごく魅力的。素敵な人。ああいう風になりたい。祐子さんの心が好き。

全然食欲がない。昨日も1,5食だけ。今日も同じ。

ご飯を炊いてちゃんと食事をしなくなってしまった。

野菜、果物、お肉を食べているから、結局食事をしているのと同じことかな。

ブリュンヒルデちゃんは最近お外に出さないから、足の裏がきれい。ピンクのあんよ。


令和2年11月24日 火曜日

 

朝、イヌおちゃんが、全然起きて来ない。

普段なら、私より早くお台所のご飯のところへ行くのに。

私が出かける時も、ベッドの上にいる。

だから、今日は気温が急に低くなったから、イヌおちゃんの最後の日なのではないかとか、余計なことを考えてしまい、結局、お稽古の後、カステラ屋にまゆみさん一回忌においでになれなかった方への送付と、千キロ毎のオイル交換はできても、ビックカメラでプリンタインクを買うことも、帰りにコジマへ寄ることもできなかった。

はやる心を抑えながら家へ帰ると、イヌおちゃんはちゃんとお迎えしてくれた。

あー、よかった、生きていた!

小笠原長いけれど、イヌおちゃん、大丈夫だろうか。

昼寝した。4時から7時まで。すこぶる脳がすっきりして調子がいい。久しぶりにパラオで買った泥パックを塗った。


令和2年11月25日 水曜日 小雨

 

今年初めて毛皮を着る。

かなり寒い朝。2枚着ていたダウンジャケットのうちの1枚を毛皮にすると、全く違う。

お稽古の後、自転車でビックカメラへ行ったら、なんと自転車が停められないようになっていた。ガーン。

でも、地下でプリンタを買うだけだから、いつものようにお店の前に置いて、急いで買って出て来た。

あーあ、自転車を犯せないことで、このお店、みんなそそくさと外に出てしまうから、売り上げが下がるのではないかしら。今までなら、余計なものを見たりする時間の余裕があった。

コジマで猫さんのご飯をたっぷり仕入れる。

ブリュンヒルデちゃんはすっかりお家猫になった。噛まれたところが完全に毛で覆われるまでは、絶対に外に出さない。

4時から6時までお昼寝。

翌日まで寝てしまったのかと思ってびっくりして起きたら、なんだ、2時間しか寝ていなかった。このような昼寝がその後のパフォーマンスに大きく影響する。

夜のうちにシャンプーしてしまえば、明日の朝、楽だ。

令和2年11月26日 木曜日

 

非常に寒い。お稽古の帰りに牛乳10本仕入れた。日曜日の分まで。

戻ってくると、何しろ眠くて、食べてすぐに午睡。

それでも少しはカヤックのこと進んだ。

これをやらないと次の旅に行かれない。

どんどんインプットだけして、アウトプットしないとダメだから、ともかく仕上げよう。

だから、どこへも行かずに家にいたふうばのところでの生活の外出自粛生活は、執筆には最高だった。

それにしても、カヤックでグリーンランドを漕いだ人、すごすぎる。

当たり前のこと、簡単すぎることがつまらないという気持ちすごくわかる。

令和2年11月27日 金曜日

 

久しぶりに朝ゆっくりできた。

ゆっくり起きて、朝風呂入り、朝ごはんの前後に庭でやれることをやる。

落ち葉や小枝類を敷き詰めたから、森の中を歩いているような感触になった。

虫がいると困るから、竹酢液を明日噴霧しよう。

竹酢液、ネットで3本注文したから、惜しげなく使える。

土を買って来ないと全然足りない。

小笠原へ行く時、宿へ食べ物のお土産持って行こう。

トランプさんのいいニュースがどんどん入って来て嬉しい。

私の祈りが通じたのだと思う。

というか、世界中の正しい人の祈りが。

令和2年11月28日 土曜日

 

1日中どこへも行かず、家事と執筆に専念。

夕暮れ時になって、コメリへ行き、培養土とシクラメン3個を仕入れた。家のポインセチアも入れて4個を明日、教会へ持って行こう。

夕暮れの空は本当に美しく、この時間の空には神様がいらっしゃるなというのがよくわかる。

お笑い芸人の人は、おかまサンバの衣装を注文して下さった。ありがたい。女性衣装は久しぶりのご注文。

令和2年11月29日 日曜日

 

教会にイヨンちゃんが来てくれた。今日の衣装は、ショッキングピンクのドレスに、白いドレープシャツを着た。このシャツは何色にでも使えるから、白いシルクジャケットを新調したりしないで、当分、この白シャツブラウスを着ていればいい。普段着にしないようにしよう。特に旅行に持って行くなどの愚行は慎むべき。

イヨンちゃんとBigBoyへ行って、お昼ご飯。

ゆっくり植物のお手入れなんかしていたものだから、フィリピン礼拝、ちょっと遅れてしまった。かたじけない。

戻って来て、今日はお昼寝なしで、執筆に専念。

表紙を直して、巻末の数ページを書いて、ああ大変だけど、数ヶ月前の自分に戻ったみたい。

あの頃はそれしかやることがなかったから、それをしていたけれど、今は、これ以外にたくさんやることがあるから、もう本当に、寸分を惜しんでという感じ。

それでも、夜更かししないで寝よう。お肌に悪いことはしない。

 

令和2年11月30日 月曜日

 

朝起きたら、台所の室温が11度だったけれど、ふうばの台所で9度とかいう時もあったから、問題ない。

四ツ谷の坂町に住んでいた時なんか、8度9度は当たり前だった。本塩町のおうちなんか、外と同じ温度だった。

猫が焦げ猫にならないように、明日こそ温風暖房機を買わないと。

郵便局では6名待ちだったので、明日の朝、行きがけに行こうと思う。

あ、でも書留は地元の郵便局でないと。

お笑いの方のおかまサンバ衣装セットをクロネコに取りに来てもらった。

昼寝をしないで頑張ったので、カヤックの執筆かなり進んだ。11時には休んだ。


令和2年12月1日 火曜日

 

お稽古の後、ガストでお昼をしようとしたら、なくなっていた。今は、ネットカフェ。その前は、専門学校で、そのまた前は、喫茶店だった記憶がある。

イタリア人映画監督ジョヴァンニさんの送って来たベトナム人熊本大学の大学院生が倉庫に来てくれて、モニター2個とジョヴァンニさんの大きな黒いスーツケースをついに持って行った。万歳。たくさんスペースができた。

黒ビキニの入っているのは、豹柄スーツケースだとわかった。

フランス語の漫画の箱も発見。そのうち毎回少しづつ運び出そう。

ビックカメラで結局、空気清浄機と、小型の温風ヒーターを買ったけど、猫は、電気ストーブと違って、誰も寄って来ない。イヌおちゃんまで焦げ猫になっていたのはショックだった。いつやったのだろう。

昨年の冬は、一つの部屋に二つ電気ストーブを置いていたのに、一度も焦げ猫事件は起きなかったのに、今年は一体どうしたことなのだろう。常に雨戸を閉めきったふうばの家の1階の方が、寒かったと思うけれど。

玄関に浮世絵暖簾を2枚下げたから、少しは効果あるかも。