個人レッスン 今日のこの人はこんなお稽古内容

個人レッスン受講記録は、受講者の中で、特に気がついた人について書いています。

受講の途中で、書くのをやめることもあります。

他の人の受講記録を見ても、自分と同じ進み方をしているとは、限りませんが、参考にして下さい。

個人レッスン受講記録:

女子編 (学生、OL、主婦、フリーター)

子供編 (幼稚園、小学生)

男子編 (サラリーマン、フリーター)

ジャニーズ組編(オーデション対策)



最初の症状: 地方で良い先生についていたので、かたちはものすごく美しい。踊りの芸術性、ルックス、プロポーション抜群。

受講生:30代 女性 プロのダンサー、インストラクター 幼稚園児の母親

回数 レッスン内容

1 ルイジエクササイズと、ルイジのレパートリー、『愛でブラジル』のジャズ・マンボのパターン。

2 音が取れないのでシンコペイションのリズム訓練。ためを長く。裏音を取る。リズムを深く取る。

3 肘を直せば、ポルドブラが良くなる。自己流でずっとやってしまったから、確立されたメソッドを身体に入れるべき。

4 『マジックバード』の抜粋。ためのカウントをしっかり取る。アームズをつけると足がおろそかになるから、まず、足を覚えないと。

もともとジャズバレエを習っていたので、かたちはきれいなので、あとは、音に対する感覚だけ。これからが楽しみ。

小さな本番でルイジ・スタイルのダンスを踊ることで、国際的レベルのルイジ・ダンサーに育っていくだろう。


最初の症状: 急遽ダンサーになりたいと思い立って、受講開始。初心者。プロポーション抜群。

受講生:女子高校生。

回数 レッスン内容

1 まったく音が取れないので、リズムの基礎を徹底的に。猫背で、身体がものすごくかたい。柔らかくしないと。

2 リズムが取れないので、タッチ、ステップの基本から行う。応用力を身につけるために反対側もやる。シャッセも入れる。


最初の症状: コンテストに出場して受賞したいので、実了をつけたい。5年間踊りをやっていたのに、振り付けだけをやっていたので、指、腕、プリエ、ポイントなど、基本的な技術がない。

受講生:小学5年女子。

回数 レッスン内容

1  自分のスタイルの踊りをするとやけに上手く見える。リズムの基礎を徹底的にやった。

2  基本的な身体や腕の使い方をやった。体の使い方が平面的なため、「二次元さん」。ここまで体験2回受講。

3 シムシェムに挑戦してみる。1番、2番ができた。シンコペイションも9回で取れた。10回受講開始。

4 足の順番は覚えれられるけれど、身体の使い方が雑なため、綺麗な形に見えない。

5 遠距離から通っているため昨夜は新宿に宿泊。今日の方がはるかにいい。ステップを増やした。

6 ルイジのパターンのフットワークだけやってみる。装飾品に目が行って、基本的な体重移動を逃す。

7 ルイジのプリウォームと、ラストストレッチ。ワルツ、4拍子、イーブンリズム、ステップターン。

8 ルイジジャズの振付の中から、3つほど抜粋。アームズの基本を正確にしないと足ができても映えない。


最初の症状:2歳からバレエを習っていて、今5年目

受講生:7歳、小学校1年生。

回数 レッスン内容

1 あまり音が取れないので、4カウントのリズムの基礎。タッチ、ステップ、シンコペイション。トラベリング。

2 リズムが取れるように、タッチ、ステップの組み合わせを行う。キック・ボールチェンジ。シャッセ。

3 連続3日続けて来ているから、進み方が早い。後半、ジャズ・パドブレにも挑戦。体重の移動が難しい。

4 一週間あいだが空いたので、動体視力が少々落ちた。右をやったら左もやる応用訓練。メンタルを強く。

5  前はパドブレそのものに手こずっていたが、今日はパドブレのイーブンリズム応用に挑戦。最後にできた!


最初の症状:50歳からジャズダンスを習っていて、間があきながら、今13年これまで、別の先生のところで、かたちを追求して、リズムの練習をしてこなかったので、リズムが全然が取れない。

受講生63歳、サラリーマン。

回数 レッスン内容

1 基礎的なリズムの訓練。4カウントのリズムが取れるようにする。タッチ、ステップの組み合わせ。

2 リズムが取れるように、シムシェムの1番をやってみる。2番は無理。裏音が難しい。

3 シムシェム以前に、キックボールチェンジで、裏音を取るようにする。はっきり数えないと裏音は取れない。