マリカ・プロフィール  


通常使用氏名:マリカ 

本名:丸子 睦美
以前の名前:ムツミ・ワタロヴナ・マルコ・コレスニコヴォヴァ・ミヒリペンネ
舞踊家。文筆家。
出身地:東京都渋谷区広尾生まれ。
本籍:東京都新宿区本塩町。
宗教:原始キリスト教

最初の夫アレキサンドル・バツラフ・フランティシェヴィッチ・コレスニコフ男爵と離婚。
二番目の夫デイシャプリヤ・S・ミヒリペンネと離婚。

ジャズ・ダンス研究家として、日本で唯一のジャズ・ダンス関連文献を執筆出版。

 

マリカ・メソードルイジ・スタイル・ジャズ・ダンスを指導。

 

オフィス・マリカ:
外国人ダンサー&アーチスト、ブッキング。
TV,CMの出演者手配,出演者の振付指導。

サンバ衣裳業界御用達。


出身校:
玉川学園中学部、高等部、玉川大学文学部外国語学科独語専攻卒業。 
玉川学園在学中は演劇部所属。 
夏期講習:大学1年、2年(ウィーン大学・独語)、大学3年(ノースカロライナ大学・英語)。 
日本大学大学院文学部独文学博士前期・後期課程修了。 

 

略歴:
4歳より洋舞の練習開始、平多正於に師事。
東京新聞社主催全国舞踊コンクールに毎年参加し
〔幼児部,児童部、現代舞踊部)文部大臣賞他多数受賞。
玉川学園高等部2年在学中「劇団風の子」(養成所第1期生)関谷幸雄氏他に師事。
ジャズ・ダンス、タップ・ダンス、ボール・ルーム・ダンスを日本及び海外で学ぶ。 
ダンス・スタジオ(コンパニア・マリカのちにジャパンダンスアートと改名)開始。

ニューヨークで ルイジ、フィル・ブラックその他の先生に師事。
ニューヨークからジャズ王ルイジ招聘公演(外務省、文化庁、在日米国大使館後援)「ルイジ・オン・ステージ」。
日本ビクターより「マリカのファッショナブル・ジャズ・ダンス」カセット、レコード発売。 
日本ビクター「ルイジのジャズ・ダンス・テクニック」日本語版監修。 
ニューヨークからアーチストを多数招聘。 
新宿まつり「オール・ジャパン・ダンス・コンテスト」を6年間プロデュース。
ダンス・ショー全国展開。 
ジャパン・ダンス・アートを法人化。
TV,映画、ショーの振付、プロデュース,キャスティング。 
ウクライナの亡命貴族アレキサンダー・コレスニコフ男爵と結婚。離婚。 
スリランカ、ディーパシカ国立舞踊団ディレクター、デイシャプリヤ・ミヒリペンネと結婚。離婚。 
日本の芸能を現代に即した様式を確立し、外国政府の招待で、海外でで上演
海外での活動:
スイス、スペイン、フランス、ドミニカ共和国、イラク、チュニジア、マレーシア、シリア、イラク、スリランカ、インド、チャイナ、タイ、フィリピン。
著作:
『ジャズダンス 誰が踊りをつなげたか』(ルイジブック)有学書林、「ジャズ・ダンス・ブック」ベースボールマガジン社、「ニューヨーク・タップストーリー」東京音楽社他

翻訳:「ルイジのジャズ・ダンス・テクニック」主婦の友社  

所属団体:社団法人日本ペンクラブ
ダンサー提供先:振付、ダンス指導、出演者提供・翻訳担当番組: ダンス仕込みイベント、CM、
ホテル・ショーなど。


地方講習会指導先:大分、臼杵、宮崎、山形、岐阜,名古屋、豊田、筑波、山口、宇都宮,埼玉,富山。
都内各地で講習会開催。
公民館指導:
国分寺市並木公民館、川口市花園公民館、和光市中央公民館,新座市中央公民館、田無市中央公民館、
調布市西部公民館、羽村市公民館、渋谷区恵比寿社会教育館他多数。
「ダンスの国連」ボランティア上演活動:
フランス高ロアール州養老院、イラクのサダム子供病院、シリア・ダマスカスの養老院、シリア・
ダマスカスの孤児院、
スリランカ政府軍少尉軍人病院、東京都精神衛生研究所、新宿区内の老人施設、都内の特別擁護施設他