DasCoinのマイニング始めた!


Dascoinの日本で最初の人になってしまった。

なぜかというのは、スクロールして下をお読み下さい。

 

Dascoin Japanビデオ

 

ダスコインのサイトがリユーアルされました。

 

新しくアカウントを開設なさる方は、ご一報下さい

アカウント開設のお手伝いをいたします。

またはこちらからどうぞ

 

 

ダスコイン幹部のお友達(下の写真)の下ですので、世界的に見て、かなり上の方にいます。

知らないうちにボーナスが貯まっているし、100ユーロのマイニングで始められるから、

元手が少ないあなたにぴったりかも。

アカウント開設費用は、ゼロ円。

 

dascoin 質問頁

 


DasCoinのイベントに行った。わお!                                                   DasCoin facebook

こんなにいっぱいポーランド人見たの初めて。

平成29年9月30日、お台場のビッグサイトで、DasCoinは日本上陸のイベントを開催。

チェコ人の友人に以前から声をかけられて、9月20日頃に、私は参加。

オランダの幹部の下のチェコ人の下が私なので、そのラインでは私より上に日本人は一人もいないとのこと。

特に何も意識しないうちに、自然とそんなふうになっていたから、私は本当にラッキー。

bitcoinのマイニングは日本語でできる。

Dascoinは、英語のサイトしかないけど、わからないことがあったら、なんでもご質問Q&Aしてね!

 

 

時間とお金が自由になる方法

キプロス旅行で知り合った友人のオランダ人もチェコ人も2万5千ユーロをDasCoinに替えていたからびっくり。

日本円で270万円。

ビットコインのマイニングで、670万ビットコインに替えた人や、春日さんみたいに170万円で19ポジション自分だけで作った人のことは知っているけれど、まさか、チェコやオランダがそこまでやっているとは、知らなかった。

私はとりあえず5百ユーロでスタート。

ポジションを作るための参加費は45ユーロだった。通常は90だとのことだけれど、私はキャンペーン期間に入会したみたい。2017年のこと。2018年暮れには参加費ゼロ円になった!

これで入りやすくなった。

参加費ゼロ円にした意味は大きい。

ビットコインマイニングは、最低5百ドルからだけど、DasCoinはなんと、百ユーロでもポジションが作れるから、東ヨーロッパ、アジアが多くてびっくりした。

これなら、アフリカ人や、世界の津々浦々の人たちにも、敷居が低い。

百ユーロならとりあえず、マイニングに参加できるかなと、気楽に始められるのがいい。

だから、もしかしたらDasCoinは、ビットコインマイニングより広まるのではないかという気がしてきた。

まあ、ビットコインのマイニングをしている人たちにとって、DasCoinなんていう新しい通貨は、脅威でもなんでもないのかもしれないけれど、私は両極をやることで、違った世界を見て、勉強することにする。

同時通訳のチャンネル説明を見ても、よくありそうなフランス語、スペイン語なんかが見事にふっとんでいる。

スラブ言語と旧共産圏アジア諸国言語だから、思わずニンマリしてしまう。

スロヴァキア語とチェコ語とポーランド語は、津軽弁と、山形弁と、盛岡弁みたいな違いしかないわけで、全部東北弁としてくくられるかわりに、スラブ語なわけだけどね。

ほんの25年前まで、一ヶ月の収入が1万円だった人たちの月収が、数十万や、百万を超しているのがすごい。

日本人は、50倍に増えているどころか、全体的に減っているだけだから、スラブ社会の勝ち。

新興お金持ちの雰囲気が、身体からにじみ出ている。

共産主義時代に不自由な子供時代を送った人たちだから、自由になった途端に、まずやったのが経済的に自由になること。

だから、日本人より、ビジネス感覚いいなと思った。

日本人は日本語で書かれた情報を頼りに生きているから、情報量が少ない上に、偏っているし、外国語の情報に耳をすましている人以外には、おいしい情報が入ってこない。

80年代の終わりにチェコスロバキアで見たあの人たちと違う種類の人たちに圧倒された。

ビロード革命があったから、今のダスコイン投資家がいるのだと、感慨無量の気持ちで見つめてしまった。 

思い返せば、私の最初の夫と出会ったのが、チェコスロバキアだった。


ワールドベンチャーの現地集合ツアーでキプロスへ行ったら、チェコ人とオランダ人と友達になって、一緒に遊んだ。そのうちの一人DasCoinの幹部で、二人はダスコイン・イベントのために9月27日に来日。

いい人とお友達になると、楽しいことが起きるものだわ。ビジネスも含めて。

その日はとりあえず、自転車で東京タワーへ。

28日は、自転車で半蔵門から皇居のまわりを半周して、銀座、歌舞伎座、築地本願寺に寄ってから、築地でお寿司。

29日は、外濠沿いに途中の心臓破りの坂道を越えて秋葉原までサイクリング、上野で東照宮の金ぴかのお寺を見てから、浅草へ。東京観光は、2日半しかないと、ちょっと足りない。

まあ、DasCoinで儲けたら次回おいでいただき、その時に、明治神宮、浜離宮、江戸東京博物館、浮世絵美術館などを見ていただこうと思っている。

そして、30日はいよいよお台場でDasCoinイベントが開催された。

 

まわりの人がお金持ちの人ばかりになると、自分もつられて、そうなるような気がしてくる。


今、いくらか換算:

XEMネムと円    Euroと円    bitcoinと円        ビットコインマイニング  


 

「逃がせ、隠せ、個人財産」(副島隆彦)

DasCoinのマイニングで利益を出したい方は、ご一報下さい。

参加ページはこちらから。

 

言語:

英語でごめんあそばせ。日本語はない。

やり方わからなかったら、ご質問ページをご覧になってから、ご質問下さい。

 

 

ポジション:

オランダ人幹部(上の写真の左の金髪)のラインで、私は日本人一人目。で、すぐに二人目になってしまった日本人がいます。東京都在住の男性。その人は、行動が早かった。

結局、今は、私の左が外国人のライン、右が日本人のラインとなっています。ご質問ページ参照。

 

アカウントの名称:

アカウントを作るのに、本名でなくてもよくて、ピカチュウでもポケモンでもいいわけだから、紐付けバイナリーを見ても、それが日本人か何人かは、もう、わからない。ヨーロッパ勢は、割とまともに、自分の名前を使っている。

日本人は本名を使わない。その対比が面白い。

 

マイニング:

ビットコインでは、新しくビットコインの枚数が増えることをマイニングというけれど、ダスコインでは、ミンティング(minting)と言います。

実は、私も最初、そこで迷ってしまって、「ダスコインはマニンングしないのですか」なんていう質問をしてしまったけれど、地面に坑道を作って掘る作業mineなのではなくて、鋳型を使って鉄を流し込む作業のmint。やっている行動は同じでも、名称が違う。ダスコインは、あえてそういう違いを作って、ビットコインと差別化しているということがわかって納得。

ビットコイン・マイニングの場合は、入会後1ヶ月の据え置き期間があり、その後、マイニングが始まるしくみだけれど、DasCoinの方は週に一度、貯まったコインをくれるようですね。

マイニングで得た利益は、その都度おろしたりしないで、次のマイニングのための投資に回した方がいいと言われて、ビットコインは100%次に回すようにしているけれど。

結局これは、後ほど、新しいアカウントを作る時に使ってしまった。

 

DasCoinもビットコインと同じに、上限が決まっているから、上限に達してしまったらもうあとは、マイニングができなくなるから、早いうちにマイニングしておくに限ると思って、早々に参加してした。

 

送る:

ビットコインを送るのは、取引所に送るのはなんでもないのですが、個人に送るのはコインチェックからだと時間がかかり、送金アドレスも10分しか有効でないため、慣れてないと自分では難しいかも。

慣れている人は、読む必要なし。

私は、ペイパルでオランダ人のダスコイン幹部の友人にユーロを送って、手続きしていただいた。

ペイパル送金は送料が無料なので、そちらの方がビットコインを送るより私の場合は、ベターと思ったわけ。

なんて、まどろっこしい。

シロウトだから、許してほしい。

まあ、ユーロは日本円に対して高いから(1ユーロ80円だったあの頃が懐かしい!総理大臣誰の時だろう?)ペイパルだと、損だと思う人もいるかもね。

結局、今では、ペイパル使わないで、自分で直接ビットコインを送っている。

ペイパルで一度ユーロにすると、手数料が取られるから、ビットコインを使って、手続きする方が手数料分得するはず。

 

ビットコインは、平成29年の秋に参加した。その前の年に参加した人は、今、億万長者になっている。

私もそうしておけばよかったけれど、そういうことは知らなかったから、まあ、仕方がない。

上がった下がったに一喜一憂する暇があったら、マイニングの方が、確実に枚数が増えて行くので、こちらが効率がいい。

上がろうが下がろうが関係なくて、毎日増えて行き、それがウェブに反映されるから、一目瞭然にわかって楽しい。

 

デイトレで取引している人は、見かけの金額でなくて、枚数に固執したほうがいい。

 

紐付け:

dascoinは、自分で自分の下に入ると人を紹介をしたということになり、10%の紹介ボーナスが入るので、自分で何口もアカウントをつくって、自分に紐付けしている人がいる。

人を誘うとうるさがられるから、一切誘わないで、自分で自分を稼がせるというのは、ストレスがなくて、いい方法。

ビットコインのマイニングの場合、大抵の人は、自分で自分の下に入っているから、2倍ちょっとになる自然増加分と、ボーナス分と、実際の価格変動の価格差の3方法で増やせる。私の上の上の春Xさんという方は、170万円で19ポジションを自分一人で作ったから、すごく効率的に利益が出ていると言っている。

Dascoinは紐つけツリーを見ると同じ人が自分の下に入っているというのを、何人か見つけた。外国人でもそういうようになって、ボーナスを稼いでいる。

 

参加価格45ユーロだったのが、今は0ユーロ!!!:

Dascoinは、参加するにあたっての価格がない。

マイニング用の100ユーロですでにポジションが持てるから、敷居が低いのが魅力。

 

世界の普通の人が参加している:

フランス人、スペイン人、米国人、ドイツ人(西の)はDascoinを見向きもしないけれど、旧ワルシャワ条約機構の人たちは、資本主義経済に対しての、鋭い触覚を持っているから、すかさず参加した。

先見の明。

私は思わず、彼らに味方してしまうのは、これまで、歴史の中で弱者でいた人たちが、西欧人を差し置いてどんどんお金持ちになっていくのを見るのは、胸がすく思いだから。

散々威張っていた西ヨーロッパが衰退していって、東ヨーロッパが西と同等かそれ以上の力をつけているのがわかる。

ていうか、東ヨーロッパの方が、実は面積が圧倒的に広い。

それに、アフリカの人たちが多く参加しているのも、いい傾向だと思う。

自国の通貨が信用できないわけだから、ダスコインに来る。

ビットコインでは一年で5分の1、一週間で半分になったりするから、信用できないのも、わかる。

これまで弱者だった人たちが、コツコツと小さい金額で参加することで、その金額に見合ったささやかな利益を出して行って、やがてそれが、大きなものになっていくのは、素晴らしいことだと思う。

西欧以外の地域にターゲットを拡大した、Dascoinの戦略は素晴らしいなと、改めて感心した次第。

 

で、日本の今後:

この暗号通貨は、日本の普通の人の間に広がるはず。

六本木ヒルズに住んで、イタリアの車を持っている人たちである必要はない。

めちゃくちゃ、敷居が低い。

中学生でもお年玉で買えてしまうから、買って放っておいて、大学に入る時にその費用に充てるなんていうのもアリだと思う。

昨今のお父さんたちは、苦しい人たちが多いから、経済観念のある子供が、ブタの貯金箱に入れる代わりに、お年玉やお小遣いを暗号通貨に買えておくというのは、良い方法。

そういえば、昔の映画であったな、こういう場面。貧しい家の子供が竹製の貯金箱に、わずかな小銭をコツコツ貯めておいたのだけれど、それを、飲んだくれのお父さんが持って行って、飲み代にしてしまうようなのが。

子供がいくらお金を持っているかを、親に知られるのは、危険なことだから、子供は、自分の身を守るためにも、お金を暗号通貨に換えておくほうがいいかも。

 

英語が得意で、ご自分でなさる方は、tell us how you came here? というところに、

Enter Sponsor username というのがありますから、marikatokyoとお書き下さい。

これで、私のグループになります。

  

連絡先:電子メールこちらまで  


 Aさん:私は今あまりお金がないので、

ビットコインマイニングだと500ドルだから敷居が高いけれど、dascoinなら100ユーロからアカウントを作れるから、とりあえず100ユーロでお願いします。

 

お答え:了解致しました。100でアカウントを作りましょう。

dascoinの単位は、ユーロであり、ドルではありません。

アカウントを作るのに、以前は45ユーロかかりましたから、実際には145ユーロかかりましたが、今は、100ユーロでできます。

dascoinがどうして、旧共産圏(東欧諸国やベトナム、チャイナ)そして、アフリカで人気を得ているのかというと、最初にかかる金額が小さくても参加できるということにあります。 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

Bさんdascoinについて詳細が知りたいのですが、何か方法が有るのでしょうか?

 

お答え:日本語のサイトはありませんが、英語のサイトであれば、いろいろありますので、ご紹介できます。

また、dascoinのマイニングに参加なさると、毎週のようにdascoinの内部情報が送られてきます。

そこに、現在世界で起きているdascoin関係の様々なニュースが書かれています。

例えば、東京で開催したような大々的なdascoin立ち上げイベントを、世界のどこの都市でやったなどということです。

まだ日本でやっている人がものすごく少なく、先行者利益がありますから、日本語のサイトをあえて作らないのでしょう。

ポーランド語や、スロバキア語のサイトはあるのに。

米国中心でないところが非常に面白いと思う次第です。

なんでも米国中心なのが、嫌いですから。

私は上の人が外国人ですから、そちらと直接やっています。

日本の代行会社に手数料を支払うこともありません。

そもそもそのようなものがない。

私は円からユーロにしないで、円、ビットコイン、そこからユーロにしています。

というのは、以前、円からユーロにして、それをペイパルでチェコ人に送って、ユーロからビットコインにして再度そこでユーロにするのは、無駄。

円、ビットコインの方が、そのままなので、為替手数料が助かると判断したからです。

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------

Cさん: ネット配信を拝見させて頂きました。

 

ダスコインどころか仮想通貨にかなり疎いのですが、知人からダスコインを1coin/30円程?で譲り受ける話があります。

マイニングがどういうものなのか全くわからず、調べてもイマイチ理解ができません。

そういう無知な場合は、マイニングよりも知人から購入した方が得策なのでしょうか?

個人的な質問で申し訳有りません。

ご迷惑でしたらスルーして下さい!

 

お答え:トレードよりマイニングというのが、仮想通貨の基本だと思います。

お友達から譲り受けるより、直接、ダスコインのウェブサイトでユーロをダスコインに変換した方がいいと思います。

ダスコインのwalletでダスコインを購入できます。

友人は、ダスコインのトレードをやっていますが、私はやっていません。

Cさんのお友達って、日本人ですよね、そうすると、日本円から、ユーロにしたり、日々変動するダスコインの価格がお友達価格の一定の30円だったりというのは、どうなのでしょうね。

ダスコインがものすごく高い時に、お友達から安く30円で買うのでしたら、いいのですが、その反対も、あり得ますよね、高いものを摑まされてしまったって。

ですから、お友達から固定値でお買いになるのは、友情が崩れる原因になりますから、その日の相場で、ウェブサイトで交換するのが、妥当のように思いますけれど。

------------------------------------------------------------------------------ 

 ダスコインのか価格推移は、このような感じです。

ダスコインは上場していますから、価格は常にウェブ上に表示されています。

ご参考になさって下さい。


------------------------------------------------------------------------------

DさんそちらのHPを拝見しメールしました。

 

 ビットコインのマイニングはしていませんが大体のシステムは分かります。

コイン自体の事をもう少し知りたいと思います。

たまたま川崎にdascoinに同じく興味を持っている友人が居ますので、お会いできるか調整してみます。

2,3御都合のよい日を教えて頂ければ有り難いです。

また御連絡させていただきますので宜しくお願い致します。

 

お答え:ダスコインは、日本ではまだほんの一握りの人しか知らない、大きなビジネスチャンスです。

ここに目をつけた方は、情報収集能力が優れていると思います。

一般の人たちがみんながこれについて語り始めたら、もう遅いので、日本でほんの数名しか知らない時に始めるメリットは大きいと思います。

-----------------------------------------------------------------------------

  EさんDascoinについてご紹介いただけますか?販売したいです!

 

そこそこ売る自信あります。

マイニング、プレセールについて教えてください。

 

お答え:ダスコインをお仕事として販売しようと思っていらっしゃるとは、さすが、情報に長けていらっしゃいますね。

どうぞ、先行者利益を思う存分、味わって下さい。

こういうことは、日本語のサイトがまだないうちが、チャンスだと思います。

言語の壁がある人と、壁がない人では、情報収集能力や交友関係がぜんぜん違います。

一次情報を大切にして下さい。

日本語サイトが多数目につくようになったら、だんだんビジネスの旨味が薄れてきます。

どうぞ、ダスコインでご成功なさって下さい。

応援しています。

-------------------------------------------------------------- 

FさんDascoinって、一体いつ買ったらいいですか?

 

お答え:今です。

ブラジルのリオでダスコインの国際イベントがありました。

スイスでもイギリスでも。

ダスコインが上がるのは、いつも、国際イベントの後です。ということは、ダスコインが上がる前に

底値で買うのが賢いわけです。

一般人は、上がり始めてから買うわけですが、内部情報に詳しい私のグループは、一番底値を見極めて買うから美味しい思いをするわけです。(これを書いた当時は、ダスコイン・ブラジル・イベントの前でしたけれど、今は、ドバイ・イベントが終わったところです)

-------------------------------------------------------

GさんDascoinのことについて、マリカさんにご相談させていただいても大丈夫ですか?

 

 

ダスコインについてご質問がございましたら、いつでもどうぞ。

私がお答えできます範囲でお答えさせていただきます。

早ダスコイン会員のポジションを登録なさりたい方は、こちらの右上のログインと書かれたところからどうぞ。

 

すでにコインチェックやビットフライヤー、ザイフなどで、ご自分のビットコインアカウントをお持ちの方は、そのビットコインアカウントから、直接ここのお申し込みサイトに飛んで、ご自分のアカウントを作ることができます。

とりあえず、急いでご自分のポジションを確保なさりたい方は、100ユーロをご用意下さい。

マイニングの旨味を味わいたい方は、最低500ユーロ、私はこれで始めました。

ご自分の懐具合とご相談なさって決めて下さい。

怖くてビットコインが送れないという人は、ビットコインを送金するのに慣れている方にお願いするか、私にご一報下さい。

わかります、怖いというその気持ち。

だって、一瞬で、失くなってしまうのですよね、間違えると。銀行やペイパルと違って。

1年半くらい前の自分がそうでしたから。

脅されましたよ、ビットコインクラブの人に。

「電脳空間にお金が消えてしまう、怖いんですよ、だから僕は、いつも現金を先輩に渡して、その人から、ビットコイン送金をしてもらっている」

なんて具合に。

それで人に10円くらいだけ送って、ビットコインを送る練習をしたりして。

「ねえ、私の10円届いていますか」

「届いていますよ、ありがとう、それでは、僕からも10円送りましょうね」

そんなおままごとみたいなことを真剣にやって、送金練習をしていました。

ダスコインに最初の頃、私は、慣れているダスコインの幹部の人にペイパルでユーロを送ってから、その人にビットコイン送金をしてもらっていました。

ビットコイン送金に慣れている人から見ると、ちょっとトロいかなと思われるでしょうけれど、何せ、初めてのことは、怖くて仕方ないので、最初はそうやっていました。

何度かやってみると、意外と簡単なんだということがわかり、それからは、自分でビットコインを送金できるようになりました。

今考えると、自分でも微笑ましくなってしまいます。

---------------------------------------------------------------

Hさん自由になるお金が6万円しかありませんが、参加できますか。

 

もちろんできます。100ユーロの一番小さなアカウント(スタンダードと言います)を4、5個作って、リスク分散させるというのも、作戦ですね。

一つ目は、外国人ばかりのところへ。こちらは、私が知らない間に、上にいる外国人が、知らない外国人達をつけて下さいましたので、これからも上からどんどんつけていただける可能性があります。

二つ目は、これから伸びそうなラインに一つ作っておく。

どのアカウントも、一つにつき2つしかラインを出せませんから、自分が伸ばそうと思っているラインに他の人がつくと、その下に再び自分をつけるということがあるため、間に入った人は、自分が特に何もしなくても、知らないうちに下に人がついている可能性があります。

三つ目は、かなり上の方の空いている所に自分を入れておきたいところなのですが、それができないところがダスコイン。

ビットコインのマイニングのツリーですと、端だけではなくて、中にもアカウントを作れるため、周りはみんな勝手知ったる顔ぶれになりますが、ダスコインは、知らない人たちの間になぜか自分がいて、みんなで一緒に利益を出しているという共同作業的な味が強いように感じます。

自分のアカウントが小さくても、問題ありません。

その下に入った人のアカウント金額の10%がボーナスになって入ります。

もちろん大きい方が、マイニングの枚数も大きくなり、利益の規模が広がります。

 

訂正:以前のボーナスは100ユーロに対して10ユーロでしたが、今は、登録料の45ユーロを、免除してもらっていますから、ボーナスは8ユーロです。

2ユーロ減りましたが、その分、登録料の45ユーロがなくなったのですから、このシステムになってから(先月)新規にアカウントを作った人は、得したと思います。

-----------------------------------------------------------------

Iさん:自分のお金を使わないで、アカウントを増やしたいのですが。

 

ボーナスがある程度貯まった状態ならできます。

実は、私はそうやって、自分の3つ目のアカウントを増やしました。

だって、貯まったボーナスをおろしてしまったり、使わないでそのまま寝かせておくよりは、有効活用した方がいいかなと思って。

やり方は、こちらQ&A→

 


登録アドバイス:

ダスコインの会員になるには、ここのページで、ユーザー名とパスワードを登録します。

お名前(タロー、花子など)、次に苗字(山本、佐藤など)を書きます。全部ローマ字。

メアドと、携帯番号を書きますが、電話がかかって来たことは一度もありません。

携帯番号は、日本の国番号を入れて、例えばこのようになります:+810935789120

国番号の前に+をつける必要があります。

携帯電話の最初のゼロは抜かします。

国籍を書きますが、住所を書く必要はありません。

全部了解しましたというところと、

18歳以上ですというところ、及びお知らせを送って下さいにクリックを入れます。

つまり、三つ全部にクリックしたら、これで終わり。

登録要請が完了。

 

さあ、いよいよ、コースを選びます。

 

100     ちょっとお試しくらいの感じで。

500   まあ、お付き合い程度で。(私はこれで始めた)

2000  かなり本気で挑む。 

5000  相当の勇気がある。

12,500  お金持ちっていいわね。

25,000  自信があるから、これだけ出せる。(私の友人は二人ともこれ)

 

私の友人は、ダスコインの幹部だし、お金持ちだから、最初から25,000ユーロのコースに申し込んだけれど、私は、とりあえず500。だって、これが一番妥当かと思って。

増やすなら、あとで、アカウントを増やせるし。

まあ、とりあえずくらいの感じで、上の2つのどれかでお試しコースくらいで参加して、のちに本気になって来たら、増資して、自分のアカウントを大きくするということもできる。

まずは、手頃なところからスタートでいいと思う。

選択肢があるのが、嬉しい。1000があったら、もっと嬉しいのに。

 

いよいよ、お支払い:ユーロで申し込んで、ダスコインに交換。

これが、怖くてできない人は、以前の私のように、誰かに頼んでやってもらうのがいいかも。

慣れている人は、どうぞ、ご自分でおやり下さい。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

それにしても、どうして日本語のダスコインのサイトがないのだろう。

「あなたのサイトだけです」なんてこと人に言われたけれど、私のサイトなんて、ビジネスのサイトじゃなくて、単なるエッセイみたいなものだから、こんなもの、役に立たないでしょう。

日本でのダスコインの立ち上げ幕張イベントの時に、絶対に日本人が何名かはいたはずなのに、その人たちは、どうしたのかしら。

プロは、黙って仕事をするから、ダスコインのダの字も出さずに、水面下で色々やっているのだと思う。

日本語ホームページを用意すると、シロウトさんがたくさん来るから、機会を狙って、さっと行動に移すのだろう。

私は、こういう業界には門外漢だから、細かい情報を包み隠さず、こうして、色々書いてしまっているけれど、ダスコインを商売にしようとしているその業界のプロは、ここぞという時まで、情報を握っていて、軽々しく外へは出さないのかもしれない。

ダスコインは、アリペイとも互換性があるSmartToolsを用意したから、機能的にはビットコインを超えている。

ビットコインは、古いし鈍いからね。

 

以上を書いたのは、リオデジャネイロでのダスコイン大会の前なわけだけど、その後、ロンドンと米国、そして、ドゥバイ。

------------------------------------------------------------------------------------------------------

やったよーん、二つ目のアカウント。

自分のすぐ下につけようと思ったら、すでに右も左も色々な人が自動的に付いていて、

自分は結局、すごく下の方につけないといけなかった。

うーん、途中に人なんか入れたくなかった、自分が払ったお金が、自分にボーナスで行けば嬉しいのに、自分の払ったお金が他の人へのボーナスになってしまう。

でも、他の人の払った金額が、自分にボーナスとして入って来たのだから、自分は人のために、人が自分のために、それぞれが助け合って、互いに成長して行くのだなということを、つくづく感じた。

つまり、他の人を何人も飛び越えて下へ行かないと自分の二つ目のアカウントが作れないくらい間にたくさん他のアカウントを、上の方が作ってくださったということ。

自分で誰かを探さなくても、そのまま置いておけば、自然に増えているから、その増え方がビットコインのマイニングよりいいから、ダスコインをやっているわけ。

他の日本人がほとんど誰もやってないって、いい気分。

日本でダスコインをやっている方いらしたら、名乗りを上げて下さい。

ご一緒にささやかな先駆者ダスコイン・ジャパンのパーティーをいたしましょう。

あ、だけど、プロは、名乗りなんかあげてくれないでしょうし、そんなパーティーに来てくれないでしょうね。

 

その後、3つ目のアカウントをダスコインでもらったボーナスで作った次第。

以上、ご報告まで。

 

ダスコイン Q&A→