脂肪を取りたい

jkljっkh


使っていると筋肉になる。

使わないときは、贅肉を作っている。

さあ、あなたの身体は、今、どちらの状態ですか。

楽したらブタ。

補整下着に頼ってはだめ。

常に筋肉を使いつづけるつもりでいると、意識がそれに慣れて、自然に痩せてかっこよくなる。

化粧が濃くて肥満はモテない。

 



真剣にやると効果が出る

  中途半端にやると愚痴が出る

    いい加減にやると効果が出ない

      やる気がないと、どんどんブタになる

------------------------------------------------------------------

太めの人は、以下のことをやっていない人:

 

たまにレッスンするだけではダメ。

やるなら毎日。

身体を使う。汗が出たら、シャツを取り替える。

柔軟嫌いな人は、痩せない。

移動は自転車か、徒歩か、ジョギング。

食事は油とデンプンを減らす。

だから、炒飯は、食べられない。

餃子も、天ぷらも、唐揚げも食べない。

お菓子、いらない。チョコレートやクッキーをいただいたら、誰かにあげてしまえ。

フライパンはテフロン加工にして、油をサヨナラする。

湯船に入る。シャワーだけではダメ。

クーラー使わない。内部被曝が低い人は、贅肉がない。

 

肥満は、内部被曝指数が高い。相関関係にある。それは、放射能や老廃物は脂肪に溜まるから。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

以上が絶対に守ってほしいこと。

上の写真は、日本テレビで武富士(のような)踊りをした時に、出演者として選んだ人たち。

レオタードで踊るから、みんなきれいな身体。

踊りが上手になれば、身体は自然ときれいになる。

踊り足りていない身体は、いろいろなところにお肉がつく。

 

という私自身、実は、急性盲腸を手術して以来、お腹の脂肪がどうしても変わって来た。

メスを入れると、筋が切られるから、それ以前の身体のつくりと変わってしまうのだと感じた。

だから、腹筋には意識するようにしている。

例えば、

原付バイクを運転する時に、腹筋を締めながら、片足を浮かす。

両足を瞬間浮かすこともあるけれど、事故するといけないから、片足にとどめておく。

パソコンの前に座るときが実は一番、危ないとき。

下手をすると、内臓が全部下がって来るから、ものすごくお腹を引き締めて椅子に座っている。

うしろにベッタリよりかかると、贅肉の下がりかたが増すから、背中を少し離して座れるような、なんとかという外国製の小さな背もたれのようなものを椅子の上に置き、背筋を伸ばして執筆している。

伸ばしていると、腹筋が使えるから、頭脳労働中でも腹筋運動が可能になる。